Science Report Special③〜⑤を公開しました!

広く大学・研究機関等の研究をご紹介する『サイエンスリポートWebSite』にScience Report Special③〜⑤を公開しました。是非ご覧ください。

■Science Report Special③
 「気候危機のリスクと社会の大転換

答える人:江守正多 (国立環境研究所)

国立環境研究所 副領域長。社会対話・協働推進室長(Twitter @taiwa_kankyo)。東京大学総合文化研究科客員教授。専門は気候科学。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次および第6次評価報告書主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?」など

■Science Report Special④
 「自然変動電源大量導入とエネルギーシステムモデル

答える人:藤井康正(東京大学)

東京大学 教授。大規模線形計画法やマルチエージェントシミュレーションなどのシステム工学的手法を用いたエネルギーシステムの解析に関する研究に従事。電気学会、エネルギー・資源学会、計測自動制御学会、日本原子力学会、日本エネルギー学会、IEEE会員。

■Science Report Special⑤
 「データサイエンスで病原体の変異と感染症の流行を予測する

答える人:伊藤公人(北海道大学)

北海道大学 教授。1990年より北海道大学大学院工学研究科において、データの中の規則性を発見する技術の研究に従事。1999年から北海道大学知識メディアラボラトリーにおいて、ウェブ上のデータやツールの連携手法の研究に従事。2005年より北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター(現北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所)においてウイルスの変異と流行の予測の研究に従事。 (本部機能強化チーム、効果的な広報・コミュニケーション活動)