本部機能強化チーム

URA支援システム試用版完成、デモと説明を受ける

NIG2

2014(平成26)年4月18日、URA支援システム試用版のデモ説明がありました。研究者の各種情報を、researchmapからダウンロードしたデータについて、各種の解析が可能となりました。まだ試用版で、操作や機能で不十分な面もありますが、これまでの研究者DBと比較して、日本語データやMISC情報などが扱えるのが大きな強みです。今後は機能を強化して、国内の大学でも使えるようにしていく予定です。

(野水 昭彦) 


リサーチコモンズの研究成果を、ウェブで紹介します。

情報・システム研究機構URAステーション

リサーチコモンズの研究成果をいっそうわかりやすく発信するウェブページを公開いたしました。

■このウェブサイトの特徴は──

  • 本事業の目的や歩み、各研究プロジェクト/データベースの概要を紹介
  • 毎月連載の「Research View」で、最新の研究成果をわかりやすく記事化
  • 各研究間やプロジェクトとのつながりがわかる「リンク」を、記事中に設置
  • 新しく加わったプロジェクトのホームページとしても活用していきます
  • リサーチコモンズに関わるイベント・公募などの情報を随時掲載

■2014年4月のResearch Viewは全5本です
科学として「想定外」にどう対応するか?
[システムズレジリエンス]丸山宏(統数研副所長・教授)

ゲノムが語る、野性イネはどこから来たか。
[遺伝機能システム] 倉田のり(遺伝研・教授)

国際標準化されたデータが、生命を語り始める。
[ライフサイエンスデータ(DBCLS)] 小原雄治 (遺伝研・特任教授)

南極に積もる雪から、太古の生命と環境を削り出す。
[地球・環境システム] 本山秀明 (極地研・教授)

イノベーションに役立つデータ中心”政策”科学を。
[社会コミュニケーション] 曽根原登(情報研・教授)

(池谷瑠絵) 


新領域融合研究センター冬合宿ならびに運営委員会を開催

NIG2

2014(平成26)年2月24〜25日、湘南国際村センターで開催された融合プロジェクトの冬合宿において、平成25年度の発表が行なわれました。平成25年度からリサーチコモンズ事業に移管したテーマを含め、口頭発表やポスターセッション、さらには完了に向けたワークショップや第3期展望についてのパネル討論も行なわれ、活発な意見が飛び交いました。

(野水 昭彦) 


第1回URA全体会議

NII SEEDs集2014

2014(平成26)年1月23日(木)、機構本部 共用会議室において、25名が出席して、第1回URA全体会議が開催されました。

機構長挨拶、研究大学強化促進事業(URA事業)実施責任者挨拶などがあり、また情報・システム研究機構URAの初めての顔合わせということで、自己紹介、抱負などについてURA各人にも発言いただきました。このほか、URA事業の進め方について、URA組織整備状況について、事業予算執行状況についてなどについて議論されました。

なお第2回は、湘南国際村センター 特別研修室にて、19名が参加して行われました。

(池谷 瑠絵)


アメリカ出張報告

NIG2

出張期間:平成26年2月20日から3月2日
訪問先:コロラド大学ボルダー校、デューク大学、ノースカロライナ大学テャペルヒル校、統計応用数理学センター、NCURA

小川(統数研URA)、横尾(コモンズURA)、河瀬(機構本部)の3名でURA 事業先進国の代表格といわれる米国へ情報収集のため出張した。外部資金獲得機会の策定や産学連携、女性研究者支援、研究者間交流及び研究人材育成、法令順守、URAの労働環境整備に関して、訪問先機関を取り巻く環境や取り組みについてうかがった。

訪問先においては、研究者の実際の所属場所となる大学や研究機関の雰囲気を肌で感じ取ることが出来た。さらに、複数の大学を続けて訪問したことにより、研究者を支援する取り組みには大学ごとに特色があることがわかった。コロラド大学では研究者間ネットワークやURA組織体制の強化、デューク大学は充実した研修制度や情報システムの整備、ノースカロライナ大学は産学連携の強化等に取り組んでいるとのことであった。

打ち合わせだけでなく、ランチミーティングやディナーミーティングを通して、URAの仕事に対する熱意を語ってもらうことができた。また、デューク大学に留学中の日本人学生3名との夕食会も行い、現地での生活の様子や留学するに至った経緯を話していただいた。

(横尾、河瀬)