国立極地研究所

男女共同参画への意識

情報・システム研究機構が女性研究者活動支援事業に採択されたことを受けて、平成26年11月26日に一橋講堂でおこなわれた女性研究者研究活動支援事業シンポジウムと翌月4-5日に国立女性教育会館でおこなわれた男女共同参画推進セミナーに参加しました。

シンポジウムの前半は日本IBM株式会社会長の基調講演と鹿児島大学学長の特別講演で、男女共同参画やダイバーシティに対する考え方や対応について具体的な事例を交えて紹介されました。後半は分科会発表がおこなわれ、すでに事業に採択されている機関から各々の取り組みが紹介されました。成功したものやユニークな事例が紹介される一方で、男女共同参画に対する理解を促すための取り組みはこれからも必要だという意見が複数あり、男女共同参画の意識を浸透させるのには大変な苦労があることを実感しました。

2日間にわたるセミナーでは、初日に基調講演と講義、2日目に分科会がありました。初日の講演と講義では男女共同参画に対する考え方に関する話題が大変参考になりました。分科会では「男女共同参画推進のための基盤づくり」に参加し、グループディスカッションで各機関の課題などについて話し合いました。同じグループの方々からは、大学内での男女共同参画への理解や協力を得ることが難しい、他の部署との連携や役割分担が難しいなどといったことが大枠の課題として挙げられていました。これらはURAシンポジウムで挙がっていた課題に似た部分も多く、新しい部署の運営に伴う苦労を共有する形になったのが印象的でした。 男女共同参画を推進し女性の研究者や学生がきちんと活躍できる場を整備することは、男女ともに優秀な研究者がストレスなく研究を続けられる場の整備にほかならず、ひいては研究力の強化にもつながるのではないかと感じました。女性研究者活動支援事業と研究大学強化促進事業の両方に関わるURAとして、これからも知識と理解を深めていきたいと思っています。

(礒野靖子)

20141126男女共同参画イベント1

男女共同参画推進セミナー(全体会)の様子
20141126男女共同参画イベント2

男女共同参画推進セミナー(分科会)の様子

科研費研究計画調書の査読

平成26年度初めより取り組みを進めてきた科研費支援がいよいよ佳境を迎えました。平成27年度科研費研究計画調書の査読です。極地研ではこれまで名誉教授と副所長が中心となって調書の査読を行ってきましたが、今年度からはURAも加わり、1件の調書に対して名誉教授 or 副所長+URAの2名体制で調書の査読を進めました。

科研費のみならず申請書というものは「こう書けば採択される!」という確固たるものがないのが難しいところです。しかし、専門外の審査員にも伝わる調書であること、評定基準に沿った内容がきちんと記載された調書であることは重要な条件です。このあたりには十分注意をしながらURAは専門から少し離れた立場で調書の査読を行いました。

また、査読は10月中旬から下旬にかけて一気に進めなければなりませんし、査読を踏まえて教員がさらに改訂をするため、受け取った調書はすぐに査読して返却する必要があります。限られた時間で的確なコメントを付すのはとても大変でしたが、よりよい調書作成の一助となっていれば幸いです。

しらせ往路001

今年度の科研費申請数は、目標としていた50件を凌駕する60件にものぼり、昨年度と比べて43%の増加となりました。申請数の増加は必ずしも採択数の増加を意味するわけではありませんが、まずは申請数を増やすことがその第一歩になると捉えています。来春の結果を待ち、また新たな取り組みを進めていきたいと考えています。

(礒野靖子)

論文数20%増に向けて

論文出版状況調査を開始し最新の状況把握の体制を整える一方で、過去5年間(2008-2012年)の論文出版状況を基に20%増の具体的な目標数を設定しました。極地研では、530本が2013年から2017年の5年間における累計目標数(一年あたり106本)となります。さらに、所内の研究体制が5つの基盤研究グループで構成されている特徴を生かし、各グループの過去の論文数を鑑みてそれぞれ個別の目標数を設定しました。

しらせ往路003

研究戦略企画室では、これらの目標数と論文出版状況調査で教員から集まった情報を併せてとりまとめ、基盤研究グループ別の論文数や目標数に対する達成度などをグラフ化して最新の情報を所内の研究者に提供しています。論文を書くことは研究者の仕事であるため研究戦略企画室の取り組みが成果に直結するわけではありませんが、まずは論文の出版状況を可視化するところから始め、所内の研究者が現状をきちんと把握できるようになればと考えています。

(礒野靖子)

論文出版状況調査をはじめました

研究大学強化促進事業の申請にあたり、情報・システム研究機構はいくつかの目標を掲げました。そのうちの一つに「累計論文数20%増(平成24年までの5年間比)」という数値目標があります。研究戦略企画室では、この数値目標に対し、「どのような基準で論文を集計するか」、「基準となる過去5年間(平成20-24年)に何本の論文が出版されているか」といった調査を春から独自に進めてきました。

論文の集計方法については教員から意見を聞き、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)がおこなっている調査方法と同様の集計方法と、極地研独自の集計方法の二つを用いることに決まりました。NISTEPと同様の集計方法では、トムソン・ロイター社のWeb of Science(wos)を用いるのですが、論文が出版されてからwosに掲載されるまでには時間がかかるため、wosだけでは所内の最新の論文出版状況を正確に把握することができません。

しらせ往路002

そこで、教員に向けて3か月に一度の頻度で論文出版状況調査を実施することを決め、所内の最新の論文出版状況を把握できる体制を整えました。調査はこれまでに2回実施しており(9月と11月)、次回は2015年2月の予定です。極地研に所属する研究者は自分の研究成果をリサーチマップに入力することになっているため、そのシステムも活用しながら、教員になるべく負担のかからないような方法で調査が実施できるように毎回工夫を重ねています。

(礒野靖子)

JACST研究機関合同プレゼン会に参加しました。

2014秋季_JACST研究機関合同プレゼン会
2014年11月20日、海洋研究開発機構 東京事務所(内幸町)にて行われたJACST研究機関合同プレゼン会に4研究所+機構が参加しました。

遺伝研は、伊東(URA室)による最新の研究成果のプレゼンテーション。リサーチコモンズプロジェクトでご活躍の岡彩子先生木村暁先生のご紹介もありました。

つづいて、3研究所+機構合同のプレゼンテーションでは、現在統数研で推進する大学共同利用機関としてのスパコンの役割や提供サービスについて、そしてビッグデータ時代ますます役割を増す情報学に関連して情報研の最新研究などをご紹介。また比較的メディア掲載の多い極地研については、データ取得の技術的問題や解析の課題など、成果への道のりや意義なども併せてご紹介しました。プレゼンテーションには、北村(統数研シニアURA)、礒野(極地研URA)、小濱(極地研広報室)、岡本裕子(情報研URA)が協力し、今回は池谷(コモンズ)が発表を担当いたしました。

遺伝研を除くメンバーはみな初めてのプレゼン会参加でしたが、とあるTV番組制作の方から「大学共同利用機関っていうものがあるんですね」とのご感想をいただくなど、各人がそれぞれの成果を持ち帰ったものと思います。

それにしても、メディアの方に「へえ〜」と興味を持っていただくのはなかなかの難題。研究所ごとに引き続き個性ある広報戦略を開発していくことこそが、研究成果をより広める鍵ではないかと感じました。

(池谷瑠絵)

大学共同利用機関シンポジウム2014

大学共同利用機関シンポジウム2014
大学共同利用機関シンポジウム2014〜研究者に会いに行こう! 日本の学術研究を支える大学共同利用機関の研究者博覧会〜が、下記のとおり開催されます。

日時:2014年 11月 22日(土)12:00 ~ 17:00
場所:東京国際フォーラムB7
ホームページ:http://www.nibb.ac.jp/inter2014/

研究者になりたい!最新の研究成果を知りたい!研究者と交流したい!そんな方々におすすめのイベントです
事前申込み不要・どなたでもご参加いただけます

[プログラム]
研究者が研究と自身のキャリアパスを語るトークセッション(13:00〜16:00)
藤森 俊彦(自然科学研究機構 基礎生物学研究所 教授)
「動物のからだの形づくりを探る」
キーワード 発生生物学、細胞分化、顕微鏡技術、哺乳類胚、工作

阿部 健一(人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 教授)
「僕が熱帯林研究を続ける理由(わけ):生物学から人間学へ」
キーワード フィールドワーク、「森の人」、文理融合、昆虫少年の未来、設計科学

千田 俊哉(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 教授)
「分子と生物:大型放射光で読み解く生命活動のしくみ」
キーワード 分子、細胞、X線、遺伝子、氏より育ち?

新井 紀子(情報・システム研究機構 国立情報学研究所 教授)
「人工知能グランドチャレンジ:ロボットは東大に入れるか」
キーワード 人工知能、自然言語処理、ロボティクス、 数式処理、科学技術の社会的影響

(コモンズURA)

情報・システム研究機構シンポジウム2014開催終了

情報・システム研究機構シンポジウム2014
去る10月17日(金)一橋講堂(東京都千代田区)において、「情報・システム研究機構シンポジウム2014ー新たなステージに立ち、ともに未来を拓くー」を開催し、約350名の方々にご来場いただき、盛況のうちに閉会しました。

関連記事:情報・システム研究機構シンポジウム2014参加受付開始(2014.09.11)

機構設立10年にあたる今年は、「これまでの10年」を振り返る前半と、「これからの10年」を見据える後半の2部構成のプログラム。その合間には、隣室の中会議場にて約1時間のリサーチコモンズおよび各研究所の研究活動を紹介するポスター・セッションが行われ、活発な意見が交わされました。

前半はまず、常盤豊 文部科学省研究振興局長から来賓のご挨拶をいただいた後、初代機構長の堀田凱樹名誉教授(ROIS)から「法人化をチャンスと捉えるには?」の講演。続いて、設立直後に発足した新領域融合研究センターの足跡を振り返り、立上げの苦労話や現在の研究成果との結びつきを報告する3つの講演が行われました(国立遺伝学研究所 城石俊彦副所長、国立極地研究所 伊村智教授、統計数理研究所 中野純司教授)。

後半は「大学共同利用機関法人としての機能強化〜データ中心科学の国際拠点を目指して〜」というテーマのもと、北川源四郎機構長が壇上に立ってロードマップを示すことからスタート。続いて、金出武雄カーネギーメロン大学教授/元産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター長による招待講演「ロボティクスとビッグデータ」、元Google米国本社副社長兼Google日本法人社長の村上憲郎氏による「データ中心科学の推進と機構への期待」が行われました。この頃には、会場は立ち見が出るほどの盛況となり、さらに若手研究者代表による2つのトーク(統計数理研究所調査科学研究センター 稲垣佑典特任研究員、国立情報学研究所 鯉渕道紘准教授)、そして最後に丹羽邦彦機構長補佐による閉会挨拶が会を締めくくりました。

(コモンズURA)

科研費意見交換会を開催しました

季節のイメージ201409

平成26年9月24日、研究戦略企画室主催で国立極地研究所科研費意見交換会を開催しました。参加者は25名で、まず初めに中村室長から研究計画調書作成に関する留意点やポイントなどについての説明があり、研究戦略企画室内で調査した所内の申請状況や申請の多い細目の審査員なども紹介されました。

その後の意見交換では、調書のエフォート部分はどう書けばよいか? 応募の細目はどのように決めているのか? など多岐にわたる質問が出されました。これに応えて、参加した研究者や審査員経験者から、それぞれの経験を踏まえたアドバイスが挙がり、貴重な意見を聞くことができました。

最後に事務から公的研究費の適正な管理に関する説明を行い、意見交換会を終了しました。これからの調書作成に役立てばと思います。

(礒野 靖子)

中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会への参加

季節のイメージ201409_sky

平成26年9月22〜23日、中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会に参加しました。この研究会は、名古屋大学太陽地球環境研究所、情報通信研究機構、国立極地研究所の共同主催によるものです。研究会の名前にもなっているMTIの領域とは、地球大気の高度50kmから1000kmくらいの超高層の大気を指しており、研究者は地上や衛星からの観測、数値モデリング、理論などの側面から研究を行なっています。2日間にわたる研究会では最新の研究成果が紹介され、将来計画についても議論しました。私がこれまで関わっていた研究コミュニティでもあることから、今回の口頭発表では、博士論文の研究成果報告と併せて、URAについても紹介しました。

研究会の合間には「URAって何をするの?」と尋ねられることも多くあり、他の大学や機関の研究者にURAを知ってもらう良い機会となりました。また、URAという職があることを初めて知ったという学生もいました。研究所内の活動にとどまらず、様々な研究コミュニティに対してもURA職の周知などを進めていく必要があるなと感じました。

(礒野 靖子)

科研費獲得の方法とコツセミナーへの参加

平成26年9月6日、エディテージ主催の「科研費獲得の方法とコツセミナー」に参加しました。講師は「科研費獲得の方法とコツ」の著者である児島将康氏です。科研費の最近の状況に始まり、具体的な調書の書き方に関する解説などを聞きました。長時間にわたるセミナーでしたが、とても丁寧でわかりやすく大変参考になりました。

(礒野 靖子)