国立情報学研究所

H28年度第5回URA合同ミーティング開催

H28年度第5回URA合同ミーティング

2017(平成29)年2月24日(金)、本年度最後となるURA合同ミーティイングは、本部URA、ならびに国立極地研究所、国立情報学研究所、統計数理研究所、国立遺伝学研究所の4研究所の分野URA合同で、統計数理研究所@立川で開催しました。冒頭には伊藤聡副所長にご参加いただき、ご挨拶をいただきました。

今年度最終回とあって、議題の前半はこれまでのとりまとめ、後半はこれからの活動へ向けた予算、事業計画、イベント開催等に関わる議題を中心に進められました。これらのアウトラインを確認・共有した後、IR、広報などの個別のテーマに関わる報告・来年度へ向けての意見交換や、また今井シニアURAからRA協議会に関わる説明などが行われました。

(本部機能強化チーム)

H28年度第4回URA合同ミーティング開催

H28年度第4回URA合同ミーティング

2016(平成28)年11月30日(水)、本部URA、ならびに国立極地研究所、国立情報学研究所、統計数理研究所、国立遺伝学研究所の4研究所の分野URA合同で、本年度第4回目のURA合同ミーティング@情報研を行いました。

プログラムの前半は、各研究所からの活動報告を元に、本部の丹羽・野水シニアURAが中心となって、研究力強化促進事業の全体方針の確認、現況の情報共有などについて議論を進めました。また冒頭で今回ホスト役の国立情報学研究所(NII)の挨拶に立たれた本位田NII副所長が、引き続きこの議論に加わられました(写真手前)。

また後半では、次年度が事業の中間評価へ向けたとりまとめの年度にあたることから、事業当初の計画・目標に照らして、各研究所におけるURAのさまざまな活動がどのような関連を持って位置づけられるのかという観点からも検討が行われました。

極地研はイベント(極域科学シンポジウム)を直前に控え、準備のためテレビ会議での参加(写真奥の画面)となりましたが、シニアURAを中心に活発な議論が交わされました。

(本部機能強化チーム)

H28年度第3回URA合同ミーティング開催

2016(平成28)年9月28日(水)、国立極地研究所、国立情報学研究所、統計数理研究所、国立遺伝学研究所の4研究所の分野URAおよび情報・システム研究機構所属の本部URA合同で、本年度第3回目のURA合同ミーティング@極地研を開催しました。

プログラムの前半は、先月、機構のURAメンバーが参加したRA協議会年次大会を振り返る報告会です。機構では、あらかじめ、すべてのセッションにメンバーの誰かが参加するよう準備しており、この参加者がレポートをまとめて、ミーティング当日には、レポートを元にそれぞれ手短に各セッションを報告しました。会場からの質問・回答のやりとりのほか、特に機構における今後のURAの活動にいかに活かすかについて、より具体的な議論が行われました。

後半は、丹羽シニアURAより、研究大学強化促進事業の中間評価に向けた対応状況の説明があり、引き続いて意見交換などが行われました。この後、予定以外の話題や、日々のURA活動で生じた事例の報告などを情報共有し、もりだくさんの議題でしたが、有意義な会合となりました。

(本部機能強化チーム)

情報・システム研究機構URA合同ミーティング201609

今回は、東京・立川にある国立極地研究所で開催されました。テレビ会議システムを利用して、三島・遺伝研からも参加しました。

情報・システム研究機構URA合同ミーティング201609

冒頭で、9月から着任した浜田ひろか特任研究員を紹介する、統数研本多啓介URA。浜田さんは、今後、本多URAのプロジェクトを中心に、統数研URAステーションと密に連携して活動します。
情報・システム研究機構URA合同ミーティング201609

極地研の礒野靖子URAの司会で進行しました。また末吉哲雄URAほか極地研の他のメンバーの協力もあって、時間通りに進行できました。

RA協議会第2回年次大会参加について

2016年9月1日(木)〜2日(金)の2日間にわたり、「URAシステムの高度化による科学技術イノベーションへの貢献」をテーマに、リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会第2回年次大会が開催されました(幹事機関:福井大学URAオフィス)。会場である福井県県民ホール・福井市地域交流プラザには、URA業務従事者、大学などの執行部、URAに関心のある方など約530人が参集しました。これは昨年開催された第1回年次大会に比べて約100名の増加であり、本協議会の発展が感じられました。

本大会では、多様な専門人材との協働によるリサーチ・アドミニストレーションシステム(URAシステム)の高度化を図り、大学等の重要な使命とされる”科学技術イノベーションへの貢献”を目指して、発表と議論が行われました。開催初日はまず坂本修一氏(文部科学省科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課長)、飯村亜紀子氏(経済産業省産業技術環境局 技術振興・大学連携推進課 大学連携推進室長)、松澤孝明氏(文部科学省科学技術・学術政策研究所 第1調査研究グループ 統括上席研究官)をお招きした関係省庁講演からスタートしました。メインとなる専門人材のスキルアップ、組織体制強化、各種活動内容の充実等をテーマにした大学セッションやポスター発表等に加え、8つの企業等セッションも開催されました。

情報・システム研究機構では組織会員として運営委員会に参加したほか、本大会における2つのセッションを担当しました。1日目には統数研本多啓介URAによる『統数研 H.28共同利用重点型研究「学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」中間報告』が行われました。本多URAによる学術文献データ解析に関わる本研究開発の概要説明に続いて、重点型研究に採択されたプロジェクトのうち3大学の講演者が登壇し、各々の進捗を報告しました。 2日目には『IR・研究力評価について』と題して、情報・システム研究機構 野水昭彦シニアURA、横浜国立大学 矢吹命大特任教員(講師)/URAによるセッションが設けられました。2名のオーガナイザーからそれぞれIRの定義に関わる話題提供や、横浜国立大学における解析の取り組みと解析の際の注意点などの問題提起行われ、さらに遺伝研 来栖光彦URAからの報告、電気通信大学 森倉晋特任教授/URAによる大学における事例紹介等が行われました。このあと会場との質疑応答の時間が設けられ、特にURA新任者等から寄せられた質問などをきっかけに、IRのあるべき姿についての議論が交わされました。

本機構URAはこの成果を持ち帰り、今月のURA合同会議での報告・議論を通じて実践に活かしていく予定です。盛況に閉会した本大会は、次回、2017年8月に徳島大学での開催が予定されています。

リサーチ・アドミニストレーター協議会(RA協議会):
http://www.rman.jp/

RA協議会年次大会2016 | トップページ:
http://www.rman.jp/meetings2016/

RA協議会年次大会2016 | パンフレット:
http://www.rman.jp/meetings2016/leaflet.pdf

(丹羽邦彦・池谷瑠絵)

RA協議会年次大会2016統数研

セッションオーガナイザー:本多啓介URA
『統数研 H.28共同利用重点型研究「学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」中間報告』
RA協議会年次大会2016IR

セッションオーガナイザー:情報・システム研究機構野水昭彦シニアURA、横浜国立大学矢吹命大URA/特任教員
『IR・研究力評価について』

NIIオープンハウス2016:産官学連携セミナーを開催

NII情報最前線 産官学連携セミナー2016

国立情報学研究所 研究戦略室と社会連携推進室では、NIIオープンハウス2016で、企業を対象にした産官学連携セミナーを開催します。本セミナーでは、情報学最前線(「市民講座2015」)で講義した3名の若手研究者が、産学連携(企業向け)の視点から研究領域の動向と自らの研究概要をプレゼンします。研究成果の社会貢献が問われる昨今の状況において、産官学連携強化に向け、多様な研究分野・研究者の研究成果や取組み課題等の最新情報を発信します。この機会に、企業等の研究開発者の皆さまに、NIIの若手研究者の研究を知って頂き、若手研究者との交流スタートを期待するプログラムセッションです。

情報最前線 産官学連携セミナー
日時:5月27日(金)14:30〜15:50
場所:小会議室
発表者:
藤原 一毅[NIIアーキテクチャ科学研究系 特任准教授]
川添 愛[NII社会共有知研究センター 特任准教授]
高山 健志[NIIコンテンツ科学研究系 助教]

NIIオープンハウス2016
http://www.nii.ac.jp/openhouse/

(研究戦略室)

国立情報学研究所 NII SEEDs集刊行

国立情報学研究所NII

NIIにはどのような研究に強みを持つ研究者が在籍するのか知りたいという企業の方々からいただく声にお応えして、この度、研究概要を分かりやすくご紹介する研究シーズ集「NII SEEDS」2016年度版を作成しました。

『NII SEEDS』はNIIのホームページからダウンロードいただけます。

過去のご紹介はこちらから
2014.04.05
国立情報学研究所 NII SEEDs集刊行

(岡本 裕子)


H27年度第4回URA合同ミーティング開催

情報研_ROIS第4回URA合同ミーティング

2015(平成27)年9月28日(月)、国立極地研究所、国立情報学研究所、統計数理研究所、国立遺伝学研究所の4研究所の分野URAおよび情報・システム研究機構所属のコモンズURA合同で、本年度第4回目のURA合同ミーティング@国立情報学研究所を開催しました。

今回のミーティングではまず、9月上旬に開催されたRA協議会の大会参加に関連して、各自が見聞あるいは発表したURAとしての課題や成果を報告し合う機会が設けられました。過日、幅広く展開された多彩なプログラムを、URAの機能・役割、外部資金獲得、研究力分析・IR、グローバル化、広報・メディア戦略、オープンサイエンス、オプショナル教育研修プログラム(8/31)といったテーマごとに、プログラムへの出席者が報告を行い、情報・システム研究機構への展開方法等について議論しました。

この他、研究大学強化促進事業の進捗確認や、本年度後半に開催予定の機構イベントについてなどを検討した後、次回、年内最後の合同ミーティング開催を確認して、閉会となりました。(写真は司会の丹羽邦彦シニアURA)

(池谷瑠絵)

科研費申請支援活動がスタート!ー NII 科研費 書き方講座も開催

NII_科研費研究計画調書 種目別書き方講座

8月31日(月)、研究戦略室と社会連携推進室は、NII所内にて「科研費研究計画調書 種目別書き方講座」を開催しました。

基盤A(越前教授)、基盤B(相澤教授・福田准教授)、新学術領域(稲邑准教授・佐藤いまり教授)の科研費研究計画調書の種目別書き方講座を行いました。科研費採択経験者である教員からは、各種目における科研費調書を書くときの重要ポイントや留意点をお話しいただきました。

冒頭、総括・審査員視点として本位田副所長からは、「保有する技術をベースとして実現可能な具体的な実施計画を書くことが大切である」とアドバイスがありました。喜連川所長からは、「読み手に立った視点で書くように」とし、ある種のサプライズが必要であると述べました。   加えて研究戦略室では、テーマ構想・提出種目検討の段階、申請書のドラフトチェックの段階、コメンテータレビュー後の段階において申請書支援を実施しています。昨年から始まったURAの取り組みですが、利用者からは、「第3者の視点が役だった」などの意見がありました。

科研費採択率向上および科研費採択数増を目指して、研究戦略室では9月・10月と随時の相談活動、締切までの書き方支援を継続的に行っていきます。

(研究戦略室)

イノベーション・ジャパンに出展!

NII_イノベーション・ジャパン出展2015

8月27日(木)〜28(金)、JSTとNEDOが主催する「イノベーション・ジャパン2015〜大学見本市&ビジネスマッチング〜」に出展しました。

NIIから出展したのは、坂本 一憲 助教で「WillingRing:行動情報に基づいてモチベーションの維持を支援するシステム」をテーマにポスター展示とプレゼンテーションを行いました。

イノベーション・ジャパンへの出展は、本研究テーマの共同研究・受託研究のパートナー企業開拓およびNIIの新しい産業界の顧客チャネル構築を目的に行いました。2日間で名刺交換できた方は、約50名程度と、顧客チャネル構築の手法として、一定の効果を確認できたかと思います。また、約100部刷った本テーマの配布資料は、最終日28日の午後2時の段階(閉会3時間前)で配布完了状態となりました。

「これはどんな研究ですか?説明してください」と声をかけられることが少なくなく、研究テーマ名はかなり来場者の関心を引き易いタイトルだったと思います。一人に説明していると、その後ろから、その説明を聞きたがる人が集まり出して、通路を狭くするタイミングも度々ありました。行列の出来る店が繁盛するとの例ではありませんが、聞く人がいるポスターに人が集まる傾向があることを実感できました。本出展後、共同研究を視野に打ち合わせを希望する会社や面談調整中の企業がありました。

(研究戦略室)

NII 産官学連携塾(第3回)を開催しました

国立情報学研究所_第2回NII産官学連携塾

7月22日(水)に第三回NII産官学連携塾を開催しました。

NII産官学連携塾は、情報学における最先端の研究動向を取り上げ、NIIの研究者と企業・自治体等の方々が出会い、意見交換できる場を目指す産業界向けの公開講座です。第三回は「ビッグデータを始める前におさえておくこと」をテーマに、講義とグループワークショップの二部構成で行われました。

前半はデータマイニングやアルゴリズム研究が専門の宇野毅明教授(NII情報プリンシプル研究系)が、研究者の観点からビッグデータの現状とこれを扱う上のポイントを解説しました。(写真)

現在のビジネスでは「ビッグデータを語るとき目的ではなくインフラの面ばかり論じられる」と指摘。ビッグデータの特徴として一つひとつの情報からは意味が分かり難い点を挙げ、インフラが発達して膨大な情報を入手しても何に利用してよいのか分からないパターンが多いと言います。この問題に対する解決策として有効なことの一つは「現場力による目的=価値の創造」であり、「現場の人」の感覚を活かすこと。データ解析技術を持つ者と現場担当者との共同作業がこれからのビジネスチャンスを見出すためにはきわめて重要であると述べました。

もう一つの価値とデータを結びつける重要なカギは、データを「粒度は荒くても意味の強いデータに変換する」こと。機械学習(ディープラーニング)による網羅的な手法では「分析結果の意味や理由を人間は理解できない場合が多い」とし、機械学習による100%精度の分析よりもデータ抽象化アルゴリズムを用いた60%くらいの精度の分析で強いデータを作り出せる方が効果的であると述べました。「データを収集した段階のストレートな価値ではなく、別の価値へつなげる事例が期待されている」と宇野教授。一例として大量の航空写真から農作物の品質評価を導き出した案件も紹介しました。

ビッグデータは歴史が浅いことから利活用に有効な手段が確立していない、これを克服するためには実際にデータを扱う者同士の意見交換が有効であるとして、後半は参加者を二つのグループに分け、各自が実業務において抱えるビッグデータの状況・課題を共有し協議する時間を設けました。このグループワークショップには若手研究者の坂本一憲助教と秋葉拓哉助教も加わり、専門的意見を発して討議を盛り上げました。

データの扱いに難航した際、大学やNIIなどの研究機関で知識を持つ研究者に相談するのも近道だという宇野教授。研究者と円滑に話を進める秘訣(!)も紹介し、今回の産官学連携塾のような交流の場を活かして、恐れずビッグデータに向かってほしいと述べました。

次回の産官学連携塾は10月13日(火)に、プライバシー侵害への対策を研究する越前功教授(コンテンツ科学研究系)によるプログラムで開催の予定です。

参加方法および詳細は後日NII公式ウェブサイトに公開予定です。
国立情報学研究所ウェブサイト | NII産官学連携塾
http://www.nii.ac.jp/research/iga/juku/

関連記事:
URAウェブサイト | 2015.04.17
NII 産官学連携塾(第1回)を開催しました

(NII研究戦略室)