平成26年度「新」若手研究者クロストークを開催

平成26年度「新」若手研究者クロストーク

去る9月25日〜26日、平成26年度「新」若手研究者クロストークを開催しました。新領域融合研究センター創設以来、継続してきた「クロストーク」ですが、本年度はリサーチコモンズ事業の一環として、これまでのテーマ設定や運営形式を大幅に刷新。海外留学生も参加しやすい英語化の推進や、総研大との共催などを盛り込んだ「若手研究者の交流」のイベントに、総研大の学生10名やURAステーション10名を含む51名の研究者が参加しました。

「これからの研究の方法論—ピアレビューの限界と第4の科学—」(統計数理研究所丸山宏副所長)、「研究不正とこれからの研究の倫理」(サイエンスライター片瀬久美子氏)、「融合研究のテーマ発掘とその進め方」(初代機構長の堀田凱樹名誉教授)という3つの講演に加え、初日のグループ議論は”ワールドカフェ形式”で行われるなど、新たな試みが参加者に大きな好評を得ました。

情報・システム研究機構と研究のこれからについて大きなコンセンサスを目指すとともに、科研費等外部資金獲得、キャリア、ワーク・ライフ・バランスなどの身近な問題をとことん話し合う機会ともなり、参加者からは「初めてのワールドカフェは、深い議論と全員の意識共有の両立を図ることができ、新鮮かつ有意義だった」「日頃接する機会のない他分野研究者の貴重な話を聞くことができた」「機構設立の意義がよく分かった」などの感想が寄せられました。

URAは、これからもこのような研究力強化に役立つ催しに尽力してまいります。

(野水 昭彦、コモンズURA)