今年も大好評! 平成27年度若手研究者クロストーク

情報・システム研究機構 | 若手研究者クロストーク2015集合写真

昨年度よりテーマや運営内容を大幅刷新した「若手研究者クロストーク」を、去る8月24日〜25日、八ヶ岳ロイヤルホテルで開催いたしました。 昨年度の総研大との共催に加え、今年はさらに他機構からの参加も得ることができ、総研大学生9名、高エネ機構2名、人間・文化研究機構3名を含む49名の研究者が集う、広範囲な分野の「若手研究者の交流」イベントとなりました。

今回のテーマは、データ中心科学および融合研究等に焦点をあてて「データを取る人、使う人 〜融合研究・共同研究の未来を語る〜」としました。新たなメニューとして当機構内4研究所からのミニ講演とパネル討論、昨年好評だった“ワールドカフェ形式”による全員のグループ議論などにより、活発な意見交換と全体の意識共有を行なうことができました。

また、全員のポスター発表により相互の研究内容を深く理解し合う機会を設けたところ、名刺交換をするなど今後の融合研究が期待されるような場面も見受けられました。 さらにテーマ別分科会では、昨年度同様に科研費等外部資金獲得、キャリアアップ、ワーク・ライフ・バランス、論文の書き方・プレゼンなどの身近な問題を話し合い、役立つ情報を持ち帰ることができました。分科会の新たなテーマである、融合研究・共同研究のシーズ探索について考えるグループでは、時間が足りなくなるほど白熱した議論がなされました。

参加者からは「初めてのワールドカフェは、新鮮かつ有意義だった」「日頃接する機会のない他分野研究者と知り合いになれた」などの感想が寄せられました。URAは、これからもこのような研究力強化に役立つ催しを通じて、将来のリーダーを育てる風土醸成に尽力してまいります。

(野水昭彦、コモンズURAチーム)

情報・システム研究機構 | 若手研究者クロストーク2015_1

パネル討論
情報・システム研究機構 | 若手研究者クロストーク2015_2

ワールドカフェ
情報・システム研究機構 | 若手研究者クロストーク2015_3

真剣な眼差し