科研費研究計画調書検討会の実施

今年度の科研費採択結果が通知されて以降、研究戦略企画室では、極地研の研究者が研究代表者となっている新規採択・継続課題を対象に、所内での閲覧使用の承諾が得られたものに限って科研費研究計画調書の収集を行ないました。これらの調書を参考資料として、中村室長と末吉・礒野URAの3名で科研費調書検討会を実施しています。

検討会の第一の狙いは、URAが採択課題の調書を読み、よい調書の傾向を把握することにあります。そして、そのノウハウを他の調書作成支援に役立てていくことが次なる狙いです。2014年6月にスタート以来、これまで6回行い、次回は9月中旬に予定しています。

検討会では、科研費再チャレンジ支援に申請された惜しくも採択に至らなかった調書と、同じ分野の採択課題調書の両者を読み込んで分析し、比較をしながら改善点などを出し合っています。検討会で出た意見は文書にまとめて研究代表者に返します。場合によっては、研究代表者を交えて再度検討会を実施し、具体的に改善点を提示しながら記載内容などを議論することもあります。また、最近では、研究戦略企画室に個別に持ち込まれた調書作成の相談に対して、検討会を実施しました。

研究者からは、「これまでは一人で考え込むばかりだったので、アドバイスをもらえて大変助かった」などの感想をいただいています。若手研究者をはじめとして、研究戦略企画室を積極的に利用してもらえるよう、これからも取り組みを続けていきます。

(礒野 靖子)