科研費申請支援活動がスタート!ー NII 科研費 書き方講座も開催

NII_科研費研究計画調書 種目別書き方講座

8月31日(月)、研究戦略室と社会連携推進室は、NII所内にて「科研費研究計画調書 種目別書き方講座」を開催しました。

基盤A(越前教授)、基盤B(相澤教授・福田准教授)、新学術領域(稲邑准教授・佐藤いまり教授)の科研費研究計画調書の種目別書き方講座を行いました。科研費採択経験者である教員からは、各種目における科研費調書を書くときの重要ポイントや留意点をお話しいただきました。

冒頭、総括・審査員視点として本位田副所長からは、「保有する技術をベースとして実現可能な具体的な実施計画を書くことが大切である」とアドバイスがありました。喜連川所長からは、「読み手に立った視点で書くように」とし、ある種のサプライズが必要であると述べました。   加えて研究戦略室では、テーマ構想・提出種目検討の段階、申請書のドラフトチェックの段階、コメンテータレビュー後の段階において申請書支援を実施しています。昨年から始まったURAの取り組みですが、利用者からは、「第3者の視点が役だった」などの意見がありました。

科研費採択率向上および科研費採択数増を目指して、研究戦略室では9月・10月と随時の相談活動、締切までの書き方支援を継続的に行っていきます。

(研究戦略室)