スパコンの国際会議「SC14」に参加

統数研_SC142014参加
2014(平成26)年11月16日(日)〜21日(金)の期間でErnest N. Morial Convention Center(米国・ニューオーリンズ)において開催されたSC14(International Supercomputing Conference)に参加してきました。SCはACMとIEEE Computer Societyによって毎年開催されているスーパーコンピューティングの国際会議です。

統数研は2006年からブース展示を行っています。今年も主にデータ同化研究開発センターが中心となって春頃から準備が進められ、URAは今年新しく稼働開始した3台のスパコン紹介ポスター作成などで協力しました。会期中は季節外れの寒波に見舞われ、肌寒いなかでの開催となりましたが展示会場は熱気に溢れ、統数研ブースにも多くの参加者が訪れ、研究内容や統数研の計算機資源活用の実態などについて情報交換を行いました。また、来場者には研究所の要覧や国民性トランプなどの配布物をいれたエコバッグが配られました。

この統数研ロゴマークが入ったエコバッグは例年SCの日程にあわせて作成され、今年の色は開催地の米国南部の雰囲気にあわせショッキング・ピンク(写真内左下)となっています。毎年色が変わるこのエコバッグはSC参加者にも非常に好評でコレクターが現れるほど人気のあるアイテムとなっています。

次回SC15はテキサス州オースティンで開催予定です。

(本多 啓介)