論文数20%増に向けて

論文出版状況調査を開始し最新の状況把握の体制を整える一方で、過去5年間(2008-2012年)の論文出版状況を基に20%増の具体的な目標数を設定しました。極地研では、530本が2013年から2017年の5年間における累計目標数(一年あたり106本)となります。さらに、所内の研究体制が5つの基盤研究グループで構成されている特徴を生かし、各グループの過去の論文数を鑑みてそれぞれ個別の目標数を設定しました。

しらせ往路003

研究戦略企画室では、これらの目標数と論文出版状況調査で教員から集まった情報を併せてとりまとめ、基盤研究グループ別の論文数や目標数に対する達成度などをグラフ化して最新の情報を所内の研究者に提供しています。論文を書くことは研究者の仕事であるため研究戦略企画室の取り組みが成果に直結するわけではありませんが、まずは論文の出版状況を可視化するところから始め、所内の研究者が現状をきちんと把握できるようになればと考えています。

(礒野靖子)