第4回URA合同ミーティングを開催

去る2014年8月28日(木)、情報・システム研究機構URAステーションスペースにおいて、平成26年度第4回URA合同ミーティングが開催されました。

現在のメンバーが揃ってから約半年、各研究所等におけるそれぞれのミッションと日々の業務を遂行していくなかで、改めてURAとは何かを自らに問い「研究力強化」というゴールへ向けて結束を固める機会として、今回は、2部から成る特別プログラムに沿って行われました。

第一部は、北川源四郎機構長による「ROISの現状と目指す方向」と題する講演、続いて城石俊彦総合企画本部長代理(遺伝研副所長)による「ROISにおける研究大学強化促進事業に対する考え方」、樋口知之総合企画本部長(統数研所長)による「これまでのURA活動へのフィードバック」をテーマとした講演が行われました。また各講演へのURAからの質問や、引き続き行われた全体討議で、議論を深めることができました。

場所を情報・システム研究機構本部に移して行われた第二部では、第一部での議論を踏まえ、事前から若手ファシリテーターを中心に準備してきたグループ討議が行われました。グループはA〜Cの3つに編成され、討議の結果はグループごとにA:本多啓介URA、B:小川洋子URA、C:横尾成子URAから発表されました。

討議から得られた理解と指針を、今後はそれぞれのURA活動に行かしてまいります。

(池谷瑠絵) 

統計数理研究所オープンハウス2014 ポスター展示による研究紹介のようす

第一部:北川源四郎機構長による講演「ROISの現状と目指す方向」
統計数理研究所オープンハウス2014 特別講演会のようす

第一部:全体討議@情報・システム研究機構URAステーションスペース
統計数理研究所オープンハウス2014 特別講演会のようす

第二部:グループ討議の様子
統計数理研究所オープンハウス2014 特別講演会のようす

第二部:グループごとの討議をまとめたスライド発表