リサーチ・アドミニストレーター研修への参加

リサーチ・アドミミニストレーター研修会

公益財団法人未来工学研究所が開催した「リサーチ・アドミミニストレーター研修会」に参加しました。この研修会は文部科学省委託「「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」(スキル標準や研修・教育プログラムを活用した人材育成)のための調査分析」事業の一環として開催されたもので、平成26年12月2、3、9日と平成27年1月22、23、26日の全6日間の日程でした。そのうち、私は後半の3日間に参加することができましたので報告します。

研修会はリサーチ・アドミニストレーターの初・中級者を主な対象としており、1コマ90分、1日5コマ(!)の講義内容は「大学における安全保障輸出管理」「利益相反論」「研究活動と広報」「研究倫理総論」「大学とコンプライアンス概論」「研究プロジェクト企画手法概説」など多岐にわたっていました。

どれもその分野に長く携わる方が講師として登壇されており、テキストには載っていない実経験の話を交えながらの講義は大変興味深かったです。なかでも、直接関連のある広報関連の講義(3コマ)や、ワークショップ形式の研究プロジェクト企画手法概説はとても参考になりました。

リサーチ・アドミニストレーターの業務内容は各機関や個人によってさまざまです。私も今年1年間で手掛ける業務の幅はぐんぐんと広がっています。今回の研修のように幅広い基礎知識を学ぶ機会があれば、新しい業務に携わったときに自分が活躍できる幅を広げることができ大変有意義だと感じました。

(礒野靖子)