リサーチ・アドミニストレーター新任研修の講師を務めました

2016(平成28)年5月19日(木)、リサーチ・アドミニストレーター協議会(RA協議会)スキルプログラム専門委員会が主催する「リサーチ・アドミニストレーター新任研修」に講師として参加しました。この研修は、主に大学や公的研究機関等でリサーチ・アドミニストレーション業務に従事して間もない方から1年程度の経験者を対象としており、今回は約20名の方が受講されました。内容としては1時間程度の講演が2つあり、その後5人程度のグループに分かれてケースを用いた演習を行いました。

金沢工業大学 高橋真木子先生によるご講演(URA概要(業務全体の知識))に続いて、私は「若手URAによる自身の活動概要」と題し、URAとして着任してから約2年間に担当した業務の内容や、その業務を行う上で周囲の支援や助言を必要としたこと、経験から抽出した課題などについてお話ししました。紹介する事例を絞ってなるべく具体的に話すことで、今回の研修の対象者である業務初心者の方にもイメージが沸きやすい講演内容となるように努めました。

RA協議会主催の教育研修プログラムには以前、受講者側として参加しましたが(2015年9月14日の活動報告記事参照)、今回は講師として発表する機会をいただき、前回とは違った視点で自身の活動を棚卸しする良い機会となりました。また、各機関のフレッシュなURAの熱意が非常に刺激的で心地よく、今後ますますURAの活動が全国的に活発化していくのだと強く感じた研修会でした。

(横尾 成子)

リサーチ・アドミニストレーター新任研修

リサーチ・アドミニストレーター新任研修に講師として参加しました
リサーチ・アドミニストレーター新任研修

リサーチ・アドミニストレーター新任研修、全体の様子