第2回 ROIS Science Cafe@情報ひろば を開催

情報・システム研究機構情報ひろばサイエンスカフェ第2回2015

第二回目を迎えた情報・システム研究機構(ROIS)サイエンスカフェは、去る5月11日、文部科学省旧庁舎「情報ひろば」1F ラウンジにて開催されました。

今回の講演者は、統計数理研究所 丸山宏教授。”「研究が正しいかどうか」は、なぜわかる?”と題して、日々研究に取り組む立場から、研究の正しさはいったいどのように保証されているのか、科学の方法論を巡る話題を採り上げていただきました。通信やメディアが未発達の時代、最初の発見・発明者であるという証拠を科学者たちはどのように残したのか、「科学の文法」としての統計学が果たす役割など興味深い話題が紹介され、オープンサイエンスの流れを含めた、IT時代の現代における研究のありかたについて示唆に富む講演となりました。

情報ひろば3階にて開催中の共同展示では、機構が推進するデータ中心科学の研究事業「リサーチコモンズ」も紹介していますが、なぜ今「データ中心科学」なのか、科学を読み解く上でも欠かせない視点が与えられたのではないかと思います。

さて次回はいよいよ最終回。やはり学術のバックボーンである、ネットワークを採り上げ、大型科学予算でも注目された学術ネットワークSINETに関連して、”ビッグデータ時代の研究を「つなぐ」基盤”と題して、国立情報学研究所の大向一輝准教授が講演します。開催日は6月8日(月)です。ぜひご来場ください。(詳細はこちらから

(池谷瑠絵)