大学共同利用機関シンポジウム2017で当機構の活動を紹介

大学共同利用機関シンポジウム2017

2017年10月8日、アキバ・スクエア(千代田区)にて、「大学共同利用機関シンポジウム2017(大学共同利用機関協議会・大学共同利用機関法人機構長会議主催)」が開催された。天候には恵まれたものの、三連休の中日とあって人出があまり期待できないなか、627名にご来場・ご観覧いただくことができた。

当機構は、昨年度に引き続きビッグデータ時代における学術データ基盤の共同利用・共同研究について、データサイエンス共同利用基盤施設(DS)を中心に、人文学データの元となる古典籍など、研究成果に関わる具体的な展示物を用いて紹介したり、北極研究やゲノミクスをテーマとした「サイエンスリポートWebSite」の動画展示などを行った。また昨年同様、所属の4研究所と一体感ある展示を展開した。講演ではDSの門倉昭 極域環境データサイエンスセンター長が、当機構の紹介のほか、南極・北極データをテーマにデータサイエンスを紹介した。

極地研の講演は南極からの中継で、昭和基地の田邊優貴子助教が登壇し、会場の質問等に答えるなど、会場をもり立てたほか、情報研の公式キャラクター「情報犬ビットくん」がご来場者と握手を交わすなど、さまざまな手段を駆使して、広く大学共同利用機関の取り組みを紹介した。

大学共同利用機関シンポジウム2017

演壇に立つデータサイエンス共同利用基盤施設 門倉昭 極域環境データサイエンスセンター長

大学共同利用機関シンポジウム2017

人文学オープンデータセンターの研究成果に関わる展示物の様子

(本部機能強化チーム)