国立情報学研究所オープンハウス(研究所一般公開)を開催

国立情報学研究所2015オープンハウス喜連川優所長講演

国立情報学研究所(所長 喜連川 優、以下NII)は、 6月12日・13日の2日間、NIIオープンハウス2015(研究所一般公開)を開催しました。(後援:千代田区)

初日は、喜連川所長の開会挨拶と活動報告「新SINETへ向けて:全国・対米100ギガ化を目指す」の後、基調講演に角川 歴彦氏(株式会社KADOKAWA取締役会長)による「これからのメディアと教育」、中島 震教授(NII)による「見えざるシステムの伸びゆく手:ソフトウェア工学の方向」を行いました。「新学術領域研究発表」では「脳内身体表現の変容機構の理解と制御」をテーマに、「産官学連携交流会」では「AIの可能性:要素技術と応用」をテーマに企業関係者が多数参加し、NIIの研究活動に耳を傾けていました。

2日目は、一橋講堂で「NII研究100連発」を行いました。10名の研究者が、一人10の研究を7分半で発表するもので、白熱したプレゼンは参加者にとって多様な情報学に触れる貴重な機会となりました。当日は400名近い会場参加者に加え、株式会社ドワンゴの協力のもとニコニコ生放送でも生中継を行い、15,500名を超える視聴者がありました。また、初めての企画となる「小中学生のための情報学ワークショップ」を開催し、プログラミング講座やプライバシーを守る技術など、様々な体験ワークショップに190名を超える多くの小中学生が参加しました。このほか、高校生を対象とした「研究体験講座」「サイエンスライフカフェ」を開催し、幅広い年代層が情報学の一端に触れる催しとなりました。「研究体験講座」に参加した高校生からは、「限られた時間の中で模擬研究をしたのはとても貴重な体験だった」「情報学の研究は以前思っていたものよりも面白いと感じた」「研究は楽しいものであると実感できた」といった感想が寄せられました。

両日とも研究成果について約100のブースでデモ・ポスター展示を行いました。参加者からは「若い人も参加していたので活気があり頼もしかった」「難しいながらも研究者と直接話ができる機会がよかった」といった感想が寄せられました。2日間で1,500名を超える来場があり、アンケートからは、オープンハウスに参加した94%が「満足した」と回答をしていました。

当日の講演映像、研究成果発表のポスターは、一部を除き、NIIのホームページで公開しています。