兵庫高校「東京みらいフロンティアツアー」の一環で来所

8月4日、統計数理研究所では、国文学研究資料館、国立国語研究所、国立極地研究所との連携のもと、兵庫県立兵庫高校「平成26年度東京みらいフロンティアツアー」の一環により、同校の生徒38名、引率教諭3名、計41名の来所見学受け入れを実施しました。

当日は、猛暑のさなか、関西から東京への移動を経て到着した高校生をお迎えし、丸山宏副所長の司会進行のもと、次のようなプログラムが展開されました。

樋口所長からは、歓迎の挨拶及び「研究所の概要説明」があり、各先生方の講演を、これから進路を選ぶための参考にして欲しい、と励ましの言葉をいただきました。続いて、国立極地研究所 本吉副所長による「南極からみた地球の歴史」、統計数理研究所 野間助教による「統計が新しい医療を創る? 〜医薬品の開発,PM 2.5の大気汚染研究から先端医学研究まで〜」、国文学研究資料館 山下教授による「日本の古典の魅力」、国立国語研究所 石本特任助教による「円滑な会話の仕組み」と題した講演がそれぞれ行われました。また、講演終了後は、立川キャンパス各研究所の施設を見学し、生徒さんたちは熱心に説明を聞いていました。

今回のツアーを迎え入れるにあたり、本日の講演等が、生徒さんが進路を選ぶきっかけの一つになれば、という思いを込めてご案内した1日でした。本件に係る企画準備は、統数研の企画グループとURAが支援しました。

(統計数理研究所URA)

兵庫高校「東京みらいフロンティアツアー」集合写真

兵庫高校「東京みらいフロンティアツアー」
41名のみなさんを歓迎

兵庫高校「東京みらいフロンティアツアー」丸山宏副所長

丸山宏副所長の司会進行でスタート。
左は樋口所長。


兵庫高校「東京みらいフロンティアツアー」施設見学

「東京みらいフロンティアツアー」施設見学
(スーパーコンピュータ)