「遺伝研メソッド」によるプレゼンテーション講習会開催

遺伝研メソッド

研究者にとって研究プレゼンテーション(口頭発表)は必須の活動の一つです。プレゼンテーションの出来で研究の進展やキャリアが左右されることもよくあります。このような活動を支援するために、国立遺伝学研究所(遺伝研)では科学英語プレゼンテーションの方法論「遺伝研メソッド」を開発しました。もともと遺伝研の大学院(総研大・遺伝学専攻)の科学英語教育のカリキュラムとして作られたものですが、言語に依存しない発表技術も多く含まれており、科学的思考力を強化する内容なので、ポスドク・教員や英語を母国語とする留学生にも好評です。

「遺伝研メソッド」を広く知っていただくために、遺伝研リサーチ・アドミニストレーター室(ORD)は「科学プレゼンテーション講習会」(「日本語案内」「英語案内」)を企画しました。2014年に開催した「プレゼン道場」の内容を6時間のコースに集約したほか、旅費支援制度 (Need-based travel grant) の採用、英語で実施により外国人研究者との国際ネットワーキングを図るなど、企画にも工夫を凝らしました。

学会ホームページや研究者コミュニティーのメーリングリストを活用して参加者を募集した結果、国内22大学・研究機関から研究プレゼンテーション能力向上に興味を持つ46名の研究者が三島に結集しました。講義と実践演習をくみあわせた2日間のワークショップを通じ、メソッド開発者である平田たつみ教授(脳機能研究部門)をはじめとする3人の講師から、科学プレゼンテーションの本質、伝えたいことが伝わりやすくするためのプレゼンテーションの構造、理解しやすくするための小技、などを学びました。

(遺伝研リサーチ・アドミニストレーター室)

遺伝研メソッド