託児室開設@NIGリトリート2014

遺伝研託児室@リトリート2014

2014年7月3日(木)、4日(金)御殿場高原時の栖にて国立遺伝学研究所「リトリート2014」が開催されました。リトリートとは日常から離れた環境で研究者同士の交流と議論を深めることを目的とした会です。では、日常から離れられない事情を抱えた研究者はどうしたらいいのでしょうか?

今回、遺伝研リサーチアドミニストレータ室では、育児中の研究者の参加支援を行いました。まず所内希望調査を行い、その調査結果を踏まえてリトリート会場に託児室を開設することを提案し、運営のお手伝いを致しました。

今回の託児室は4名の参加者、計5名のお子さんに利用していただきました。遺伝研での託児室の開設は初めてであったため、利用者への周知内容等、細かい反省点は残りましたが、大きな問題が起こることもなく、二日間を無事終えることが出来ました。(写真は、遺伝研ジュニアリトリート2014の様子)

今回初めて所内希望調査を行い、実際に託児室を開設してみてわかったことは、子育て中の研究者が直面している事情はそれぞれであり、託児所の開設によってすべての問題が解決される訳ではないということでした。

遺伝研リトリートがより多くの研究者の交流と議論の場になるよう、また、より多くの研究者が仕事と家庭生活を両立していけるように、今後も支援活動をしていきたいと考えています。

(小林百合)