男女共同参画への意識

情報・システム研究機構が女性研究者活動支援事業に採択されたことを受けて、平成26年11月26日に一橋講堂でおこなわれた女性研究者研究活動支援事業シンポジウムと翌月4-5日に国立女性教育会館でおこなわれた男女共同参画推進セミナーに参加しました。

シンポジウムの前半は日本IBM株式会社会長の基調講演と鹿児島大学学長の特別講演で、男女共同参画やダイバーシティに対する考え方や対応について具体的な事例を交えて紹介されました。後半は分科会発表がおこなわれ、すでに事業に採択されている機関から各々の取り組みが紹介されました。成功したものやユニークな事例が紹介される一方で、男女共同参画に対する理解を促すための取り組みはこれからも必要だという意見が複数あり、男女共同参画の意識を浸透させるのには大変な苦労があることを実感しました。

2日間にわたるセミナーでは、初日に基調講演と講義、2日目に分科会がありました。初日の講演と講義では男女共同参画に対する考え方に関する話題が大変参考になりました。分科会では「男女共同参画推進のための基盤づくり」に参加し、グループディスカッションで各機関の課題などについて話し合いました。同じグループの方々からは、大学内での男女共同参画への理解や協力を得ることが難しい、他の部署との連携や役割分担が難しいなどといったことが大枠の課題として挙げられていました。これらはURAシンポジウムで挙がっていた課題に似た部分も多く、新しい部署の運営に伴う苦労を共有する形になったのが印象的でした。 男女共同参画を推進し女性の研究者や学生がきちんと活躍できる場を整備することは、男女ともに優秀な研究者がストレスなく研究を続けられる場の整備にほかならず、ひいては研究力の強化にもつながるのではないかと感じました。女性研究者活動支援事業と研究大学強化促進事業の両方に関わるURAとして、これからも知識と理解を深めていきたいと思っています。

(礒野靖子)

20141126男女共同参画イベント1

男女共同参画推進セミナー(全体会)の様子
20141126男女共同参画イベント2

男女共同参画推進セミナー(分科会)の様子