インド Research Development Office訪問

RDOメンバー

インド出張報告第2弾として、NCBSのResearch Development Office(RDO)を紹介したいと思います。彼らはインドにおけるURAの先駆け的存在です。

現在チームは総勢7名。学位を持つ元研究者もいれば、社会貢献活動グループで働いていたというバックグラウウドをもつ人もいる多様なグループです。チームはFunding and Award ManagementとCommunications Officeの2グループから構成されています。前者はプレアワード、ポストアワードに加え、funding agencyへのプレゼンや報告も重要な業務だそうです。NCBSではfunding agencyからの研究費獲得が、研究所の安定的な経営に重要であると位置付けられており、財団関係者への接待やツアーの企画など業務は多岐にわたるのだそうです。

Communications Officeは要覧、ホームページ、news letter作成に加え、funding agencyや国への報告書作成などにも関わります。書類によっては英語だけでなく、ヒンディー語、南インド地方の共有語の3ヶ国語への翻訳を行ったり、デザインも重要だそうです。

インドと日本では事情が違いますが、研究支援業務のたいへんさや楽しさは同じなのだなと感じました。

私が女性研究者のキャリアに興味があると話すと、チームミーティングに招いてくれ、メンバーのキャリアパスを聞く機会を設けてくれました。ジョブチェンジのきっかけは人それぞれでしたが、「女性は新しい分野に挑戦することを恐れないのだと思う」とポジティブに語ってくれたのが印象に残っています。 また、チームリーダーのSavitaは多様なチームをまとめあげ、パフォーマンスを上げるために、チームワークをとても大切にしていると話していました。彼女曰く「チームワークは女性の得意な分野なのよ」とのことでした。RDOのメンバーとの出会いは、同業者としても女性としてもとても励まされる機会でした。
※写真は、RDOメンバー

(小林百合)