フィンランドCSCとのミニワークショップを開催

フィンランドCSCとのミニワークショップ

2016年(平成28年)5月19日、本部URAが主体となって、フィンランドのCSC (IT-Center for Science)のCEOであるDr. Kimmo Koskiを招き、ミニワークショップを開催しました。Koski氏は昨年2月に当機構のイベント「データ中心科学国際ワークショップ」を開催した際に講演者として招聘しており、その際CSCと当機構との間でMoU (Memorandum of Understanding)を結んで連携を進めていくことで合意しています。今回のミニワークショップは、Koski氏が別件で来日した機会を利用して、MoUのフォローアップの一環として開催したものです。

当機構からは、戦略企画本部やURAステーションのメンバーが参加しました。最近の機構の活動状況、とくに新設のデータサイエンス共同利用基盤施設の紹介を行い、Koski氏からはCSC, RDA*, EUDAT**の最近の状況について紹介してもらい、意見交換を行いました。

CSCは、自らは研究せず、フィンランドの大学、研究機関にITサービス(スパコン、ネットワーク、データセンターなど)を提供する非営利企業です。予算(約36M€, 44億円)のうち50%は政府(Ministry of Education and Culture)から出されています。従業員285名のうち、ほぼ1/4が博士号を持っているとのことです。

最近の活動のトピックスとして、次期スパコン調達のための検討、フィンランド政府の最近の施策への関与などについての説明がありました。オープンデータ、オープンサイエンスが国際的な動向になっており、フィンランド政府も以下のような施策をとっているとのことです。

・Open Science and Research Initiative 2014-2017
フィンランドにおけるオープンサイエンス推進のため、ガイドラインの設定、トレーニングや教育、研究者へのサポートなどを実施。
・National Digital Library Project
デジタルデータの保存、国民への開放、ユーザーインタフェースの統一などを実施。

Koski氏はEUDATのCoordinatorも務めているので、EUDATやそれと関連するRDAの最近の状況も紹介してくれました。EUDATは当初は2011~2014年の計画でしたが、引き続きEUDAT2020として期間が延長され、現在は33の構成メンバー、20M€の規模で推進されているとのことです。RDAについては3月に東京で第7回総会が開催されたばかりなので、それほど新しいニュースはありませんが、第8回総会は今年9月に米国のデンバーで、第9回総会は来年4月にスペインのバルセロナで開催予定とのことです。

CSCはフィンランドの大学、研究機関にサービスを提供する機関であり、大学共同利用機関法人である当機構とも類似するところがあるので、いくつかの共通の問題について意見交換を行いました。また今後さらなる連携の可能性を探ることで一致しました。

*RDA: Research Data Alliance 研究データの共有を加速し、技術・プラクティス等の推進をめざす国際的なコンソーシアム。
**EUDAT: European Data Infrastructure 欧州の研究者にデータサービス基盤を提供するプロジェクト。研究用データのストア、シェア、コピー、処理などを容易かつセキュアに実行できるサービスを提供。

(丹羽邦彦)