国際連携

フィンランドCSCとのミニワークショップを開催

フィンランドCSCとのミニワークショップ

2016年(平成28年)5月19日、本部URAが主体となって、フィンランドのCSC (IT-Center for Science)のCEOであるDr. Kimmo Koskiを招き、ミニワークショップを開催しました。Koski氏は昨年2月に当機構のイベント「データ中心科学国際ワークショップ」を開催した際に講演者として招聘しており、その際CSCと当機構との間でMoU (Memorandum of Understanding)を結んで連携を進めていくことで合意しています。今回のミニワークショップは、Koski氏が別件で来日した機会を利用して、MoUのフォローアップの一環として開催したものです。

当機構からは、戦略企画本部やURAステーションのメンバーが参加しました。最近の機構の活動状況、とくに新設のデータサイエンス共同利用基盤施設の紹介を行い、Koski氏からはCSC, RDA*, EUDAT**の最近の状況について紹介してもらい、意見交換を行いました。

CSCは、自らは研究せず、フィンランドの大学、研究機関にITサービス(スパコン、ネットワーク、データセンターなど)を提供する非営利企業です。予算(約36M€, 44億円)のうち50%は政府(Ministry of Education and Culture)から出されています。従業員285名のうち、ほぼ1/4が博士号を持っているとのことです。

最近の活動のトピックスとして、次期スパコン調達のための検討、フィンランド政府の最近の施策への関与などについての説明がありました。オープンデータ、オープンサイエンスが国際的な動向になっており、フィンランド政府も以下のような施策をとっているとのことです。

・Open Science and Research Initiative 2014-2017
フィンランドにおけるオープンサイエンス推進のため、ガイドラインの設定、トレーニングや教育、研究者へのサポートなどを実施。
・National Digital Library Project
デジタルデータの保存、国民への開放、ユーザーインタフェースの統一などを実施。

Koski氏はEUDATのCoordinatorも務めているので、EUDATやそれと関連するRDAの最近の状況も紹介してくれました。EUDATは当初は2011~2014年の計画でしたが、引き続きEUDAT2020として期間が延長され、現在は33の構成メンバー、20M€の規模で推進されているとのことです。RDAについては3月に東京で第7回総会が開催されたばかりなので、それほど新しいニュースはありませんが、第8回総会は今年9月に米国のデンバーで、第9回総会は来年4月にスペインのバルセロナで開催予定とのことです。

CSCはフィンランドの大学、研究機関にサービスを提供する機関であり、大学共同利用機関法人である当機構とも類似するところがあるので、いくつかの共通の問題について意見交換を行いました。また今後さらなる連携の可能性を探ることで一致しました。

*RDA: Research Data Alliance 研究データの共有を加速し、技術・プラクティス等の推進をめざす国際的なコンソーシアム。
**EUDAT: European Data Infrastructure 欧州の研究者にデータサービス基盤を提供するプロジェクト。研究用データのストア、シェア、コピー、処理などを容易かつセキュアに実行できるサービスを提供。

(丹羽邦彦)

EUDAT/ROIS Collaborative Infrastructure Workshop

情報・システム研究機構(ROIS, Research Organization of Information and Systems)は2016年3月3日にEUDAT(European Data Infrastructure)と共同でデータインフラに関するワークショップを開催しました。これはこのたび東京で(アジアで初めて)開催されたRDA (Research Data Alliance) 総会の併設イベントとして行ったものです。

今回のワークショップはROISの国立情報学研究所(NII)が中心になって日本側のとりまとめを行いました。機構URAは企画・実行に協力し、ワークショップではROIS紹介のプレゼンテーションも担当しました。

ワークショップの構成は2部構成で、第1部ではEUDATとROISを中心とした様々な研究者らが発表を行い、データ中心科学のためのデータ共有基盤の国際的な相互協力を模索するディスカッションを行いました。続いて第2部では、地球物理学のEISCAT、言語学のCLARINなどの各ドメインにおける研究者がデータ共有事例を紹介し、データ共有基盤に対するニーズを説明しました。約50名の参加者の間で活発な意見交換が行われ、ワークショップ終了後も別の会議室に移ってディスカッションが続けられるなど盛況のうちに終了しました。

ROISとEUDATとの協力関係は、2015年2月にROISが開催した「データ中心科学に関する国際ワークショップ」にEUDATのCoordinatorを招待した際に、相互協力に関するMoUを締結し、そのあと2015年9月のRDA総会(パリ)の際にミーティングを持ったことなどを通じて構築されてきました。今回のワークショップを通じてさらに両者の人的関係も深まりましたので、これをベースとして一層協力関係を発展させていく予定です。

<用語解説>
EUDAT:研究開発枠組みプログラムであるHorizon2020の一環として、ヨーロッパにおけるデータ共有基盤整備を行っているプロジェクト。

RDA:研究データの共有と交換を促進し、データ駆動型イノベーションと科学的発見を加速することを目的とした国際組織。2013年に創設され、現在約100か国から3,000名のメンバーが参加している。

(丹羽邦彦)

EUDAT and ROIS collaborative Data Infrastructure Workshop

北川機構長あいさつ
EUDAT and ROIS collaborative Data Infrastructure Workshop

司会:NII武田英明教授

EUDAT and ROIS collaborative Data Infrastructure Workshop

ディスカッション(1)
EUDAT and ROIS collaborative Data Infrastructure Workshop

ディスカッション(2)

データ中心科学国際ワークショップ 2015&MoU調印

2015年2月24日、欧州においてデータ中心科学の先進的な活動を行っている研究機関から所長や研究者を招き、国際ワークショップ『データ中心科学国際ワークショップ2015』を開催しました。

ドメイン研究とメソドロジー研究とをいかに連携させるかに焦点をあてたこの催しには、機構内の研究者も多数出席し、ライフサイエンス、地球科学、物理学、社会科学など特定の分野にとらわれない横断的な議論が活発に交わされました。参加者からは「データ中心科学に関する国際的な視野を拡大できた」などの感想も寄せられました。

続く25〜26日には、招待者のうちFinlandの大学、研究機関にITサービスを提供する非営利企業「CSC」とインペリアル・カレッジ・ロンドンのデータ科学研究所「DSI」、およびEUのe-infrastructureプロジェクト「EUDAT」とMoUを締結し、データ中心科学に関する研究・教育の交流を推進することで合意しました。

[開催概要]
ROIS Workshop on Data Centric Science 2015
2015年2月24日(火) 10:00〜17:30
一橋講堂 2階 中会議場

(コモンズURA)

データ中心科学に関する海外機関との意見交換

picture_report
2014年7月17~18日に北米西海岸の2大学を訪問し、データ中心科学について意見交換をしてきました。訪問したのはUniversity of Washington(ワシントン州シアトル市)とUniversity of California, Berkeley(カリフォルニア州バークレイ市)で、いずれもデータ中心科学の研究を推進していることで世界的によく知られています。

UW、UCBおよびUniversity of New Yorkの3大学は、2013年にムーア財団、スローン財団からデータ中心科学を推進する機関(Data Science Environments)として選ばれ、$38.5M/5年のファンディングを受けて研究体制の整備とプロジェクトを進めています。今回の訪問でその実態を聞くとともに、キーパーソンと知り合いになることができました。

UWのこの分野の取組はかなり早く、すでに2005年ころから学内で議論を始めていたとのことです。2008年にeScience研究所を設立して学内の活動を本格化させ、さらに今回の財団からのファンディングをもとに活動を活発化させています。この秋にはData Science Studioという、関係者が集まって作業のできる環境を設立するとのことでした。UWでは、π型研究者の「π」は2本の足がドメインの研究と情報・統計数理の研究を指すと解釈しているそうです。

UCBでは今回の財団からのファンディングに応募するため、研究担当副学長を中心とするコアチームを結成、その中には2011年ノーベル物理学賞受賞者のSaul Perlmutterも入っていました。現在Berkeley Institute for Data Science (BIDS)という組織を立ち上げ中で、約40人が勤務できるスペースを持つオフィスがこの夏に正式オープンするそうです。BIDSに勤務する研究者の多くは本籍との兼務で、給与も半々とのことでした。

いずれの大学でも、いわゆるドメイン研究者と情報・統計数理の研究者とが緊密に協力して研究を進めている様子がわかりました。背景には、どの科学分野もdata richになりつつあり、新しい研究を行うにはデータ中心科学を進めることが必要との認識が共通になっていることがあります。ムーア財団、スローン財団にもこのような認識があり、今回のファンディングに結びついていると思われます。もちろん日本では米国ほど強力な私的財団がないのでファンディングに関しては同じ構図があてはめられるわけではありません。しかし当機構が推進しているデータ中心科学リサーチコモンズ事業は、世界的に重要と認識されている方向性に沿ったものですので、今後両大学をはじめ関係する海外研究機関との情報交換、連携を進めていきたいと思っています。

(丹羽邦彦)

研究大学強化促進事業による研究調査助成報告会

  • 日 時:平成26年5月13日(火)15:00 – 17:30
  • 場 所:国立極地研究所 3Fセミナー室 (C301)
  • 参加者:計47名(所内39名、所外8名:機構本部、遺伝研、統数研の各URA、支援職員)
  • プログラム:
    •15:00 – 15:05 開会のあいさつ 中村室長
    •15:05 – 17:15 研究グループ等からの報告 宙空圏研究グループ、地圏研究グループ、極域データセンター 事務部、気水圏研究グループ、生物圏研究グループ
    •17:15 – 17:30 総合討論・意見交換
    •閉会のあいさつ 白石所長
    •17:30 反省会・意見交換会・懇親会
  • 内 容:
    昨年度、国立極地研究所では研究大学強化促進事業において国外・国内の他機関の研究の進め方について、組織・制度・支援などを調査し、合わせてMOU締結のための準備調査を実施しました。本報告会は各研究グループ等から調査で得られた情報・知見や所感について報告し、当研究所の研究力強化について議論することを目的として開催されました。
  • (末吉 哲雄) 

H25年度に研究力強化事業で実施された招聘・派遣の成果報告

国内外の研究力強化事例