効果的な広報・コミュニケーション活動

立川市との連携・協力に関する協定の締結式を行いました。

統数研_立川市との連携・協力協定、子ども見学デー

9月16日(水)統数研は立川市との連携・協力に関する協定を締結しました。

これまでも立川市とは「市民交流大学」や「市役所初任者研修」への講師派遣、「立川市スタンプラリー」と「統数研子ども見学デー」の合同開催などを行ってきました。今回の協定により今後はさらに人材や学術研究の成果の提供、施設・情報の活用について連携・協力を進めていきます。

立川市ホームページ:
統計数理研究所と立川市との連携・協力に関する協定を締結(平成27年9月16日)

統数研ホームページ:
立川市との連携・協力に関する協定を締結

今年も合同開催される「子ども見学デー2015」は10月17日(土)10時〜です。
新たに「トースター&スタッツ」等身大パネルや立川市紹介コーナー、「情報ひろば・地球儀」の展示を行う予定です。詳細は統数研HPをご覧ください。

統数研HP | 子ども見学デー2015:
パンフレットダウンロード
統数研へのアクセス

(広報室 今門牧子)

国立極地研究所一般公開の開催と情報ひろば巡回展示

2015年8月8日、国立極地研究所一般公開「極地研探検2015」が開催されました。毎年好評の5つの探検ツアーの他、南極昭和基地との生中継!ライブトークや各基盤研究グループによるサイエンスカフェや体験型プログラム、展示など、さまざまな企画が行なわれ、約2,000名もの方が来場されました。一般公開は、全所を挙げての一大イベントで、教職員全員に担当が割り振られます。URA2名は国際北極環境センターの展示と総合案内をそれぞれ担当し、一日中来場者との交流を楽しみました。

また、一般公開に合わせて情報ひろばの巡回展示を行ないました。文部科学省旧庁舎での情報ひろば企画展示は7月末に終了しましたが、その後、各研究所の一般公開等に合わせて同様のコンテンツを巡回展示する予定になっており、その第一弾でした。極地研のスペースはすべて一般公開に使用していたため、正面玄関横の統計数理研究所のスペースを拝借して展示し、一般公開の来場者にご覧いただきました。

(礒野靖子)

国立極地研究所一般公開2015 | 生中継!ライブトーク

国立極地研究所一般公開の目玉のひとつ、極地を生中継で結んだライブトークの会場から。
国立極地研究所一般公開2015 | 体験型プログラム

大盛況! 体験型プログラムに集まるご来場者の方々。

国立極地研究所一般公開2015 | ROIS情報ひろば巡回展示

国立極地研究所一般公開2015で、入口付近に設置された機構×4研究所合同の巡回展示。2015年4月〜7月、文科省情報ひろばにて公開されていた展示が立川でも活躍。

統計数理研究所とSAS Institute Japanの協働に関する記者発表会の開催

統計数理研究所_pressrelease_SAS_BIL

2015年8月6日(木)、情報・システム研究機構URAステーション(城山トラストタワー33階)にて 統計数理研究所とSAS Institute Japan株式会社の協働に関する記者発表会を開催いたしました。

北村シニアURAの司会のもと、樋口所長(写真左)の挨拶に始まり、統計思考院、ビッグデータイノベーションラボ(BIL)の紹介が行われました。

続けて統数研 中野純司教授(写真中央)とSAS Institute Japan阿部氏(写真右)より、BILを立ち上げることで、ビッグデータを活用する実践的研究の場を企業や公共団体へ提供し、一体となって課題解決へ取り組んでゆくという詳細な説明が行われました。

記者の皆さんでほぼ満席の会場からは次々と質問が出され、時間いっぱいまで皆さん熱心に耳を傾けたりメモを取っていらっしゃいました。17時の発表会終了後も質問のために残る記者の方は多く、活況な記者発表会となりました。

ROIS URAステーションは都心の神谷町にあり、都心から離れた立川にある統数研が記者発表などを実施するには非常に有効な施設でもあります。

統計数理研究所 | 2015年8月6日 プレスリリース
統計数理研究所とSAS Institute Japanが共同でビッグデータ分析の研究基盤、ビッグデータ イノベーション ラボ(BIL)を設立
URL:http://www.ism.ac.jp/ura/press/ISM2015-01.html

(広報室 今門牧子)

NII 産官学連携塾(第3回)を開催しました

国立情報学研究所_第2回NII産官学連携塾

7月22日(水)に第三回NII産官学連携塾を開催しました。

NII産官学連携塾は、情報学における最先端の研究動向を取り上げ、NIIの研究者と企業・自治体等の方々が出会い、意見交換できる場を目指す産業界向けの公開講座です。第三回は「ビッグデータを始める前におさえておくこと」をテーマに、講義とグループワークショップの二部構成で行われました。

前半はデータマイニングやアルゴリズム研究が専門の宇野毅明教授(NII情報プリンシプル研究系)が、研究者の観点からビッグデータの現状とこれを扱う上のポイントを解説しました。(写真)

現在のビジネスでは「ビッグデータを語るとき目的ではなくインフラの面ばかり論じられる」と指摘。ビッグデータの特徴として一つひとつの情報からは意味が分かり難い点を挙げ、インフラが発達して膨大な情報を入手しても何に利用してよいのか分からないパターンが多いと言います。この問題に対する解決策として有効なことの一つは「現場力による目的=価値の創造」であり、「現場の人」の感覚を活かすこと。データ解析技術を持つ者と現場担当者との共同作業がこれからのビジネスチャンスを見出すためにはきわめて重要であると述べました。

もう一つの価値とデータを結びつける重要なカギは、データを「粒度は荒くても意味の強いデータに変換する」こと。機械学習(ディープラーニング)による網羅的な手法では「分析結果の意味や理由を人間は理解できない場合が多い」とし、機械学習による100%精度の分析よりもデータ抽象化アルゴリズムを用いた60%くらいの精度の分析で強いデータを作り出せる方が効果的であると述べました。「データを収集した段階のストレートな価値ではなく、別の価値へつなげる事例が期待されている」と宇野教授。一例として大量の航空写真から農作物の品質評価を導き出した案件も紹介しました。

ビッグデータは歴史が浅いことから利活用に有効な手段が確立していない、これを克服するためには実際にデータを扱う者同士の意見交換が有効であるとして、後半は参加者を二つのグループに分け、各自が実業務において抱えるビッグデータの状況・課題を共有し協議する時間を設けました。このグループワークショップには若手研究者の坂本一憲助教と秋葉拓哉助教も加わり、専門的意見を発して討議を盛り上げました。

データの扱いに難航した際、大学やNIIなどの研究機関で知識を持つ研究者に相談するのも近道だという宇野教授。研究者と円滑に話を進める秘訣(!)も紹介し、今回の産官学連携塾のような交流の場を活かして、恐れずビッグデータに向かってほしいと述べました。

次回の産官学連携塾は10月13日(火)に、プライバシー侵害への対策を研究する越前功教授(コンテンツ科学研究系)によるプログラムで開催の予定です。

参加方法および詳細は後日NII公式ウェブサイトに公開予定です。
国立情報学研究所ウェブサイト | NII産官学連携塾
http://www.nii.ac.jp/research/iga/juku/

関連記事:
URAウェブサイト | 2015.04.17
NII 産官学連携塾(第1回)を開催しました

(NII研究戦略室)

受賞続々!南極昭和基地大型大気レーダーチームが第8回海洋立国推進功労者表彰を受賞!

南極昭和基地大型大気レーダーチームが第8回海洋立国推進功労者表彰

前回に続き、研究戦略企画室が関わった受賞推薦支援のうち、表彰に至った海洋立国推進功労者表彰をご紹介します。

南極昭和基地大型大気レーダーチーム(佐藤薫教授(東京大学、国立極地研究所客員教授)、佐藤亨教授(京都大学)、堤雅基准教授(国立極地研究所 宙空圏研究グループ)、西村耕司特任准教授(国立極地研究所 宙空圏研究グループ))が第8回海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)「海洋に関する顕著な功績」分野において表彰され、平成27年7月16日に総理大臣官邸にて表彰式が行われました。海洋立国推進功労者表彰は、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省および環境省が内閣官房総合海洋政策本部事務局の協力を得て実施しているもので、科学技術、水産、海事、環境など海洋に関する幅広い分野における普及啓発、学術・研究、産業振興等において顕著な功績を挙げた個人・団体に対して表彰されるものです。

受賞内容については下記の功績の概要をご覧ください。なお、この概要は「第8回海洋立国推進功労者表彰の受賞者決定について(文部科学省)」にて公開されています。

(礒野靖子)

機構シンポジウム2014の記録誌ができました。

機構シンポジウム2014の記録誌

2014年10月17日(金)、一橋講堂で行なわれた機構シンポジウム2014〜新たなステージに立ち、ともに未来を拓く〜の記録誌ができました。
講演内容をそのまま記載した講演集ではなく、内容のエッセンスを章立てにして、読みやすく、分りやすい読み物を目指して作成しましたので、ぜひご覧ください。

記録誌はこちらからご覧頂けます(pdf形式8.5MB
情報・システム研究機構ホームページ | (ダウンロード)

(コモンズURA 野水昭彦)

国立情報学研究所オープンハウス(研究所一般公開)を開催

国立情報学研究所2015オープンハウス喜連川優所長講演

国立情報学研究所(所長 喜連川 優、以下NII)は、 6月12日・13日の2日間、NIIオープンハウス2015(研究所一般公開)を開催しました。(後援:千代田区)

初日は、喜連川所長の開会挨拶と活動報告「新SINETへ向けて:全国・対米100ギガ化を目指す」の後、基調講演に角川 歴彦氏(株式会社KADOKAWA取締役会長)による「これからのメディアと教育」、中島 震教授(NII)による「見えざるシステムの伸びゆく手:ソフトウェア工学の方向」を行いました。「新学術領域研究発表」では「脳内身体表現の変容機構の理解と制御」をテーマに、「産官学連携交流会」では「AIの可能性:要素技術と応用」をテーマに企業関係者が多数参加し、NIIの研究活動に耳を傾けていました。

2日目は、一橋講堂で「NII研究100連発」を行いました。10名の研究者が、一人10の研究を7分半で発表するもので、白熱したプレゼンは参加者にとって多様な情報学に触れる貴重な機会となりました。当日は400名近い会場参加者に加え、株式会社ドワンゴの協力のもとニコニコ生放送でも生中継を行い、15,500名を超える視聴者がありました。また、初めての企画となる「小中学生のための情報学ワークショップ」を開催し、プログラミング講座やプライバシーを守る技術など、様々な体験ワークショップに190名を超える多くの小中学生が参加しました。このほか、高校生を対象とした「研究体験講座」「サイエンスライフカフェ」を開催し、幅広い年代層が情報学の一端に触れる催しとなりました。「研究体験講座」に参加した高校生からは、「限られた時間の中で模擬研究をしたのはとても貴重な体験だった」「情報学の研究は以前思っていたものよりも面白いと感じた」「研究は楽しいものであると実感できた」といった感想が寄せられました。

両日とも研究成果について約100のブースでデモ・ポスター展示を行いました。参加者からは「若い人も参加していたので活気があり頼もしかった」「難しいながらも研究者と直接話ができる機会がよかった」といった感想が寄せられました。2日間で1,500名を超える来場があり、アンケートからは、オープンハウスに参加した94%が「満足した」と回答をしていました。

当日の講演映像、研究成果発表のポスターは、一部を除き、NIIのホームページで公開しています。

国立情報学研究所 学術情報基盤オープンフォーラムを開催



国立情報学研究所(所長 喜連川 優、以下NII)は、6月11~12日、学術情報基盤オープンフォーラム「オープンサイエンスに向けた学術情報基盤」を開催しました。

フォーラムでは、オープンサイエンスの動向を踏まえながら今後の学術情報基盤に何が必要となるのかをテーマに、図書館、認証技術等を中心としたセッションが行われました。

イントロダクションでは、漆谷 重雄 NII学術基盤推進部 部長が「オープンサイエンスに向けた学術情報基盤」を発表した後、内閣府 真子 博 参事官補佐から「オープンサイエンスとは~内閣府『国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会』報告書から~」、大石 雅寿 国立天文台 天文データセンター センター長から「天文学におけるオープンデータ利用:歴史、機構、成果、そして将来」と題しそれぞれの分野からみた学術情報基盤への期待をお話いただきました。

パラレルセッションでは、大学・研究機関の情報基盤サービス構築において今後必要となるクラウド環境の導入についての説明や、CiNii Dや新たに始動したERDBなど学術コンテンツの新サービスの発表のほか、オープンサイエンスに向けた図書館の取り組みをテーマにしたセッションが行われました。

最後を締めくくるパネルディスカッションでは、フロアを含む参加者と活発な議論が繰り広げられ、今後の研究力強化の礎ともなる学術情報基盤のあり方をオープンに議論する場となりました。

当日の講演資料・講演映像や講演録は、一部を除き、NIIのホームページで公開しています。
http://www.nii.ac.jp/csi/openforum2015/

(NII研究戦略室)

遺伝研ホームページをリニューアル

国立遺伝学研究所ホームページリニューアル

遺伝研リサーチ・アドミニストレーター室は、発足時の最初のミッションとして遺伝研HPの刷新プロジェクトを立ち上げました。改訂作業に1年以上という期間を費やし、この度、新HPを公開することができました(http://www.nig.ac.jp/nig/ja/)。

旧HPは、コンテンツ数が数百ページに膨れ上がり、デザインや階層構造も非常に複雑なものとなっていました。「情報発信の土台を根本から作り直すことは、リサーチ・アドミニストレーター室の最初のミッションとして相応しい」2014年1月、私達はそのような考えを胸に秘め活動を開始しました。

HPのリニューアルは一筋縄ではいきません。膨大な情報量の中で、どれを強調し、どれを捨てるべきか決めなくてはなりません。そのためには、遺伝研の「研究・教育・事業」という3大ミッションについて正確に理解していなければなりません。関係者と齟齬がないようにすべく繊細な調整も必要です。また、HPコンセプトの実現には、プログラム、サーバー管理、デザイン等のエキスパートの参加も不可欠です。実行メンバーには私を含め4名が集まりました(遺伝研HPの運営に携わってきた遺伝研スタッフ、広報チームのデザイナー、サーバー管理のエキスパートでもあった研究者)。もちろん、この4名だけで作り上げたわけではありません。コンセプトの設計と実現の両面において他のメンバーはもちろんのこと、外部の協力者も必要でした。

告白すると公開日を幾度となく延期しました。問題にぶつかっては公開日の延期が余儀なくされ、その対策に多くの時間が費やされました。私達は、この先鋭的な新HPのデザインと機能を一日でも早く皆様にお披露目したいという一心で、慎重に、時には大胆に問題をクリアし、プロジェクトを進めてきました。

HPの刷新プロジェクトは、公開すれば完了というわけではありません。今後も細かな不具合の修正が必要です。しかし強調しなければならないことは、HPの刷新とは「研究力強化」一歩目にすぎないということです。情報発信の土台が完成した後は、「コンテンツ」を本質的に改善していかなければなりません。私達の挑戦はこれからも続いていきます。

「デザイン」と「使いやすさ」を改善するためにおこなわれた様々な試み

  • トップページから深部の情報へ直接アクセスできるように「プルダウンメニュー」を採用
  • 遺伝研の三大ミッション「研究、教育、事業(研究支援事業、モデル生物リソース)」を強調
  • 日本語サイトと英語サイトの情報量を同一にする
  • PC画面だけでなくスマートフォン画面にも対応
  • バナー広告を廃止することによって、シンプルなデザインを追求

(国立遺伝学研究所 来栖)

2015年度「遺伝研要覧」をリニューアル

国立遺伝学研究所要覧2015

遺伝研の情報発信の大きな手段は、ホームページだけではありません。「要覧」もその一つです。私達は、昨年の暮れから要覧のリニューアルに向けてプロジェクトを開始しました。これまでの要覧も素敵なデザインで作られており、内容全体についても高い評価を耳にしていました。しかしながら、私達が掛け替えのないと感じている「遺伝研の伝統・雰囲気」をもっと伝えられるのはないか、また、「三大ミッション」をより効率的に伝えられるのではないかとも感じていました。

今回のリニューアルで注力した点をご紹介します。
  • 遺伝研の三大ミッション「研究、教育、事業」の明確な切り分け
  • 遺伝研のヒストリーを強調
  • 研究所の環境を伝えるため、人物、建物、施設の写真をふんだんに使用

リニューアルされた本年度要覧をお楽しみ下さい。
リンク:http://www.nig.ac.jp/nig/pdf/about_nig/youran2015.pdf

(国立遺伝学研究所 来栖)