活動報告

オープンハウス(研究所一般公開)を開催

NIG2

国立情報学研究所(所長 喜連川 優、以下NII)は、5月30日・31日の2日間、オープンハウス(研究所一般公開)を開催しました。(後援:東京都千代田区)

初日は、喜連川所長の開会挨拶の後、基調講演としてMark Korver氏(Solutions Architect at Amazon Web Services)による「Education on AWS: 教育×クラウドの潮流」、佐藤 一郎教授(NII)による「ビッグデータとパーソナルデータ」が行われました。

同日開催された企業マッチメイキング「NII SEEDs-イノベーション共創」では、「メディア・センシング」「人間社会とビッグデータ」の2つテーマを設け、企業関係者が参加しました。NIIの研究活動の紹介を行ったのちブースで個別の議論を行い、研究内容の理解や企業のニーズを深める機会となりました。また、URAによる共同研究よろず相談所を開設し、企業とのコラボレーションの機会創出を目指しました。

2日目は、基調講演として大隅 典子教授(東北大学)による「夢を描こう!:顔面発生から超音波発声までの研究人生」、山岸 順一准教授(NII)による「自分の声でコミュニケーション!〜音声合成技術最前線」が行われました。この日は、高校生や一般を対象としたミニレクチャーやワークショップが開かれ、東京都立戸山高等学校の生徒約70名もワークショップに参加し、情報学研究の一端に触れていただきました。

両日とも研究成果について約100のブースでポスター展示やデモ、プレゼンテーション、大学院説明会などが開かれ、参加者からは「若い人も参加していたので活気があり頼もしかった」「研究者と直接意見交換ができる機会でよかった」といった感想が寄せられました。

当日の講演映像、研究成果発表のポスターは、一部を除き、後日、NIIのホームページで公開します。

※上掲の写真は、企業マッチメイキングの様子

(岡本 裕子) 


学術情報基盤オープンフォーラムを開催

NIG2

国立情報学研究所(所長 喜連川 優、以下NII)は、5月29日の学術情報基盤オープンフォーラム「共に考え、共に創る明日の学術情報基盤へ」を開催しました。SINET5の全体構想を含む今後の学術情報基盤について各セッションで発表を行いました。

イントロダクションでは、安達 淳副所長が「SINET5が拓く研究教育環境〜22カ月後に迫ったSINET5最新情報〜」を発表した後、金子 敏明 高エネルギー加速器研究機構 計算科学センター長、竹内 比呂也 千葉大学 附属図書館長 アカデミック・リンク・センター長が、それぞれの分野からみた学術情報基盤への期待をお話いただきました。

パラレルセッションでは、SINET5のクラウドサービスや認証、セキュリティをテーマにしたセッションや、学術情報流通、オープンアクセス、機関リポジトリをテーマにしたセッションが行われました。

最後を締めくくるパネルディスカッションでは、フロアを含む参加者と活発な議論が繰り広げられ、今後の研究力強化の礎ともなる学術情報基盤のあり方をオープンに議論する場となりました。

当日の講演資料は、一部を除き、後日、NIIのホームページで公開予定です。

※上掲の写真は、イントロダクション「SINET5が拓く研究教育環境〜22カ月後に迫ったSINET5最新情報〜」より

(岡本 裕子) 


2014年5月のリサーチコモンズWebSiteから

2014年5月のResearch Viewは、[データ同化・シミュレーション支援技術] プロジェクトから2記事をお届けしました。

現代社会が抱えるさまざまな問題の解決に役立つ「データ同化」という統計手法。この手法には、ビッグデータを使いこなすどんな特徴があるのか、そして実際にどんな現象解明に役立つのか──2つの側面から、プロジェクトで今進められている研究をご紹介します。

■researchmapつながるコンテンツでは……
また、researchmapのカバーインタビューでは、現代哲学、なかでもウィトゲンシュタインのご研究に関連して、古田徹也先生(新潟大学)にお話をお伺いしました。

つながるコンテンツ | 可能性を照らす道 2
「哲学は鼓舞する。」
新潟大学 古田徹也 准教授

(池谷瑠絵) 

リサーチコモンズWebSite | rv006

データを使ってモデルをリアルに近づける。
[データ同化・シミュレーション支援技術] 中野純司(統数研・教授)
リサーチコモンズWebSite | rv007

感染症は都市でどう拡がるだろうか。
[データ同化・シミュレーション支援技術] 齋藤正也(統数研・特任助教)

“Act as a Sounding Board”

NIG2

遺伝研リサーチ・アドミニストレータ室(ORD)では、研究費の申請を全力でサポートしています。具体的には、申請書を書く前に論理構成の議論をお手伝いすること、また、申請書をレフリーの視点で読み、論理展開と文章の読みやすさを議論します。

この春から業務をスタートし、これまでに、科研費スタートアップ、学振、さきがけ、CRESTの申請書をお手伝いさせていただきました。

さきがけ・CRESTのサポートでは、皆様の多くの疑問に答えたいと考え、申請書の作成前に “応募のコツ”に関するワークショップも主催しました。演者には、制度設計に携わったJST出身の野水URAと、レフリーの視点からアドバイスを貰うべく2名の領域アドバイザー経験者をお招きしました。Q & Aのセッションに多くの時間を割くことによって、研究者の日頃の疑問を演者にぶつけてもらいました。この会では40名近い参加者があり、皆様のさきがけ・CRESTに対する意識の高さを伺うことができました。夏が終わると科研費のシーズンがスタートします。Act as a Sounding Board… 研究者の皆さんにとって文字通り「共鳴板」になることが我々の使命です。

(来栖 光彦) 


第4回URA全体会議@国立遺伝学研究所

NII SEEDs集2014

2014(平成26)年4月4日(金)、三島にある国立遺伝学研究所 宿泊棟2階にて、参加26名にて、URA全体会議が開かれました。通常の議題のほか、新任URA自己紹介や、今年度開催を予定する機構シンポジウムについてなどの発表が行われました。また遺伝研施設見学も行われ、それぞれの属する研究所の分野を超えて、バイオ、ライフサイエンス分野の研究への理解を深めました。

なお第3回は、去る2014(平成26)年3月7日(金)、統計数理研究所3階 セミナー室5にて、19名が参加して行われました。

(池谷 瑠絵)

遺伝研施設見学にて、ショウジョウバエの系統維持の説明を受ける

全体会議の様子

次世代リーディングシンポジウム

2014年1月27日(月)午後、一橋講堂にて、東京大学・名古屋大学・お茶の水女子大学と統計数理研究所が主催して『次世代リーディングシンポジウム』を開催した。

グローバルに活躍できるリーダー養成を目指す「博士課程教育リーディングプログラム」、情報科学・統計数理の分野で人材育成を進める統計数理研究所、相互に深く関連するセクターが次世代を担うイノベーティブ・リーダー育成への貢献を目的に開催したもので、大学、官公庁、企業等から幅広く150名を超える参加者が熱心に耳を傾けた。

最初に主催者を代表して統計数理研究所所長・樋口知之が開会挨拶を行い、文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室長・猪股志野氏から来賓挨拶をいただいた。次に三菱電機人事部人材開発センター・亀山正俊氏の基調講演「企業が求めるグローバル・イノベーション・リーダー」により技術系リーダー像が明確にされた。それを受けて東京大学・竹村彰通教授、名古屋大学・武田一哉教授、お茶の水女子大学・古川はづき教授、吉田裕亮教授の各講演が続いた。途中、講演内容の理解を深めるポスターセッションを挟み、統計数理研究所・丸山宏教授、伊藤聡教授が講演を行った。最後の東京大学・坂井修一教授の閉会挨拶まで、会場は終始熱気に包まれていた。

グローバル化やイノベーションに対するアカデミアの関心の高さとリーダー育成の重要性に改めて気付かされたシンポジウムだった。

統数研URAの役割:開催準備・運営全般、共催機関との調整、広報活動

(統計数理研究所URA) 

次世代リーディングシンポジウム メイン会場

ポスターセッション会場にて

URA支援システム試用版完成、デモと説明を受ける

NIG2

2014(平成26)年4月18日、URA支援システム試用版のデモ説明がありました。研究者の各種情報を、researchmapからダウンロードしたデータについて、各種の解析が可能となりました。まだ試用版で、操作や機能で不十分な面もありますが、これまでの研究者DBと比較して、日本語データやMISC情報などが扱えるのが大きな強みです。今後は機能を強化して、国内の大学でも使えるようにしていく予定です。

(野水 昭彦) 


JST戦略的創造研究推進事業への応募に向けた活動

1.CREST/さきがけ領域説明会への参加

平成26年4月17日にJST(市ヶ谷)で行なわれた「ビッグデータ」関連の領域説明会に2名のURAが参加しました。研究総括の説明を受け、所内で領域に合致しそうな教員に個別に話をするなど応募に向けた活動を進めています。

2.統数研・極地研合同のCREST/さきがけに関する説明会

平成26年4月22日に機構本部の野水URAを招き、統数研・極地研合同のCREST/さきがけ説明会を実施しました。説明会の前半は講演+質疑応答、後半は野水URAを囲んでより詳細な質問を受けるという形式で、極地研からは6名が参加しました。

「ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化」の研究領域ではデータを持っている研究者からは応募を検討する声もある一方で、どのように申請書を書けばよいのか思案しているとの声も聞かれました。今年度の研究領域の多くは極地研からは応募しづらいテーマであることが影響していると思われます。研究戦略企画室では、引き続き情報取集や所内への情報提供を進め、来年度以降の応募につなげていきたいと考えています。

(礒野 靖子) 


研究戦略企画室の英語名称決定!

4月に新設された研究戦略企画室の英語名称が

“Research Development Office”に決定しました!

国際対応強化、研究広報、研究戦略、研究予算獲得などの活動を軸に研究力強化を目指す研究戦略企画室をアピールできるような名称にしました。

(礒野 靖子) 


リサーチコモンズの研究成果を、ウェブで紹介します。

情報・システム研究機構URAステーション

リサーチコモンズの研究成果をいっそうわかりやすく発信するウェブページを公開いたしました。

■このウェブサイトの特徴は──

  • 本事業の目的や歩み、各研究プロジェクト/データベースの概要を紹介
  • 毎月連載の「Research View」で、最新の研究成果をわかりやすく記事化
  • 各研究間やプロジェクトとのつながりがわかる「リンク」を、記事中に設置
  • 新しく加わったプロジェクトのホームページとしても活用していきます
  • リサーチコモンズに関わるイベント・公募などの情報を随時掲載

■2014年4月のResearch Viewは全5本です
科学として「想定外」にどう対応するか?
[システムズレジリエンス]丸山宏(統数研副所長・教授)

ゲノムが語る、野性イネはどこから来たか。
[遺伝機能システム] 倉田のり(遺伝研・教授)

国際標準化されたデータが、生命を語り始める。
[ライフサイエンスデータ(DBCLS)] 小原雄治 (遺伝研・特任教授)

南極に積もる雪から、太古の生命と環境を削り出す。
[地球・環境システム] 本山秀明 (極地研・教授)

イノベーションに役立つデータ中心”政策”科学を。
[社会コミュニケーション] 曽根原登(情報研・教授)

(池谷瑠絵)