科研費応募支援、今年度も大詰めを迎えました!

極地研磯野report

以前の記事で平成27年度前半の科研費応募支援を紹介しましたが、支援も大詰めを迎えました。今年度後半には、新しい取り組みとして9月15日(火)と10月3日(土)に「科研費、書ける日っ!調書執筆ワークショップ」を開催しました。このワークショップは「なかなか調書を書く時間が取れない」という教員の声を受けて企画したもので、調書を書くためのまとまった時間を確保することと、自身の申請課題について名誉教授や副所長、URAや他の研究者と意見交換することを目的としています。

開催日時の調整が遅れて、学会期間中となったり、土曜日となってしまったためか、参加者数自体は5名と多くはありませんでしたが、申請課題の紹介と意見交換では一人30分以上の十分な時間をとって議論をすることができました。また、名誉教授からは審査経験を踏まえた審査時のポイントを聞くことができ、参加した研究者は熱心にメモを取りながら次々に質問を投げかけていました。

10月からはいよいよ調書の査読です。昨年と同様、一つの調書につきURA1名と所長・副所長・名誉教授等1名の計2名体制で査読を行ないました。査読は11月上旬の締め切りぎりぎりまで続き、多い日は4、5件の調書に目を通すこともありました。今年度の極地研からの申請数は昨年度の60件を上回る63件となり、URAの査読数は52件にものぼっています。

一年を通じて様々な形で支援をしているとそれぞれの申請課題に思い入れがあり、一つでも多く採択されてほしいと思うのですが、さてー。来年4月の結果が待たれます。

(礒野靖子)

極地研定例研究談話会でURAを紹介!

極地研磯野report

国立極地研究所では、隔週水曜日の11:00〜12:15に「極地研定例研究談話会」を開催しています。談話会は4名の幹事(各基盤研究グループから1名ずつ)が取り仕切っており、毎回2名の研究者が自身の研究紹介や最新の研究成果、研究の将来計画などを発表します。また、極地研に新しく着任した教員や特任研究員が自己紹介とこれまでの研究紹介を行ったり、南極観測隊が3月末に帰国した後には越冬隊長や総隊長が観測隊の報告を行うこともあります。ある日の談話会終了後、幹事から「URAの紹介をしてみませんか?」と打診があり、発表を引き受けることになりました。

談話会は研究者だけでなく職員も大学院生も参加しているため、なによりわかりやすく話をしなければなりません。私の発表は「リサーチ・アドミニストレーター(URA)という職業を知っていますか?」というタイトルで、導入では、リサーチ・アドミニストレーター(以下、URA)はどういう人材なのか、URAは大学等にいつ導入され、どのようにシステム整備が進んだのか(リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備、研究大学強化促進事業の紹介)を説明しました。続けてさらに具体的に、URAの業務内容や、情報・システム研究機構内でのURAの体制、研究大学強化促進事業の選定指標や数値目標等を説明し、それらに基づいた極地研でのURAの活動を紹介しました。

発表当日は、所長をはじめ、教員や特任研究員、学生、事務職員など40名近くの参加があり、我々URAの活動を知ってもらう良い機会となりました。

(礒野靖子)